処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2022091520 - 非水系二次電池およびこれに用いる非水電解質

公開番号 WO/2022/091520
公開日 05.05.2022
国際出願番号 PCT/JP2021/029087
国際出願日 05.08.2021
IPC
H01M 4/505 2010.1
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4電極
02活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48無機酸化物または無機水酸化物
50マンガン
505軽金属を挿入するためのマンガンを含有する複合酸化物または複合水酸化物,例.LiMn2O4,LiMn2OxFy
H01M 4/525 2010.1
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4電極
02活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48無機酸化物または無機水酸化物
52ニッケル,コバルトまたは鉄
525軽金属を挿入するための鉄,コバルトまたはニッケルを含有する複合酸化物または複合水酸化物,例.LiNiO2,LiCoO2,LiCoOxFy
H01M 10/052 2010.1
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
05非水電解質二次電池
052リチウム二次電池
H01M 10/0567 2010.1
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
05非水電解質二次電池
056電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564有機物のみからなる電解質
0566液体
0567添加剤に特徴があるもの
出願人
  • パナソニックIPマネジメント株式会社 PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 佐藤 貴夫 SATO Takao
代理人
  • 特許業務法人河崎・橋本特許事務所 KAWASAKI, HASHIMOTO AND PARTNERS
優先権情報
2020-18019428.10.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) NON-AQUEOUS SECONDARY CELL AND NON-AQUEOUS ELECTROLYTE USED IN SAME
(FR) CELLULE SECONDAIRE NON AQUEUSE ET ÉLECTROLYTE NON AQUEUX UTILISÉ DANS CELLE-CI
(JA) 非水系二次電池およびこれに用いる非水電解質
要約
(EN) This non-aqueous electrolyte for a non-aqueous secondary cell includes a non-aqueous medium, an electrolyte salt, an isocyanate compound, and a nitrile compound having two or more nitrile groups, the isocyanate compound content CNCO being greater in terms of mass than the nitrile compound content CCN.
(FR) Cet électrolyte non aqueux pour une cellule secondaire non aqueuse comprend un milieu non aqueux, un sel d'électrolyte, un composé isocyanate, et un composé nitrile ayant deux groupes nitrile ou plus, la teneur en composé isocyanate CNCO étant supérieure en termes de masse à la teneur en composé nitrile CCN.
(JA) 非水系二次電池用の非水電解質は、非水溶媒と、電解質塩と、イソシアネート化合物と、ニトリル基を2つ以上有するニトリル化合物と、を含み、前記イソシアネート化合物の含有量CNCOが、前記ニトリル化合物の含有量CCNよりも質量基準で多い。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報