処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2022091351 - Zn系めっきホットスタンプ成形品

公開番号 WO/2022/091351
公開日 05.05.2022
国際出願番号 PCT/JP2020/040848
国際出願日 30.10.2020
IPC
C23C 2/06 2006.1
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
2形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04被覆材料に特徴があるもの
06亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
B21D 22/20 2006.1
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
22型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20深しぼり
C23C 2/26 2006.1
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
2形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26後処理
C23C 2/28 2006.1
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
2形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26後処理
28熱による後処理,例.油浴処理
C21D 1/18 2006.1
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻しの一般的方法または装置
18硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C21D 9/00 2006.1
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9特定の品物に用いられる熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れまたは焼戻し;それに用いる炉
出願人
  • 日本製鉄株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 仙石 晃大 SENGOKU Akihiro
  • 秋葉 浩二郎 AKIBA Kojiro
  • 竹林 浩史 TAKEBAYASHI Hiroshi
  • 野中 俊樹 NONAKA Toshiki
代理人
  • 棚井 澄雄 TANAI Sumio
  • 寺本 光生 TERAMOTO Mitsuo
  • 勝俣 智夫 KATSUMATA Tomoo
  • 山口 洋 YAMAGUCHI Yoh
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) ZN-PLATED HOT-STAMPED MOLDED ARTICLE
(FR) ARTICLE MOULÉ ESTAMPÉ À CHAUD PLAQUÉ DE ZN
(JA) Zn系めっきホットスタンプ成形品
要約
(EN) A Zn-plated hot-stamped molded article according to the present invention comprises a steel material, a Zn-based plating layer, and an oxide layer. An upper layer, which is a surface side region of the Zn-based plating layer, has a two-phase structure of a Γ-phase and an Fe-Zn solid solution. A lower layer, which is a region of the Zn-based plating layer excluding the upper layer, has a single-phase structure of an Fe-Zn solid solution. The thickness of the upper layer and the thickness of the lower layer satisfy the following relational expression. An Mn content ratio, which is ratio Max.Mn/Min.Mn of a maximum value Max.Mn to a minimum value Min.Mn of the Mn content of the surface of the Zn-plated hot-stamped molded article is 10.0 or less, and in terms of mass%, an average value Ave.Mn is 0.5-7.5%. 0.20 ≦ (upper layer thickness)/(upper layer thickness + lower layer thickness) ≦ 0.80
(FR) Un article moulé estampé à chaud plaqué de Zn selon la présente invention comprend un matériau en acier, une couche de placage à base de Zn et une couche d'oxyde. Une couche supérieure, qui est une région côté surface de la couche de placage à base de Zn, a une structure à deux phases d'une phase gamma et d'une solution solide de Fe-Zn. Une couche inférieure, qui est une région de la couche de placage à base de Zn à l'exclusion de la couche supérieure, a une structure à une seule phase d'une solution solide de Fe-Zn. L'épaisseur de la couche supérieure et l'épaisseur de la couche inférieure satisfont l'expression relationnelle suivante. Un rapport de teneur en Mn, qui est le rapport Max.Mn/Min.Mn d'une valeur maximale Max.Mn à une valeur minimale Min.Mn de la teneur en Mn de la surface de l'article moulé estampé à chaud plaqué de Zn est de 10,0 ou moins, et en termes de % en masse, une valeur moyenne Ave.Mn est de 0,5 à 7,5 %. 0,20 ≦ (épaisseur de couche supérieure)/(épaisseur de couche supérieure + épaisseur de couche inférieure) ≦ 0,80
(JA) このZn系めっきホットスタンプ成形品は、鋼材と、Zn系めっき層と、酸化物層と、を備えたZn系めっきホットスタンプ成形品であって、前記Zn系めっき層の表面側の領域である上層がΓ相とFe-Zn固溶体との二相組織であり、前記Zn系めっき層の前記上層を除く領域である下層がFe-Zn固溶体の単相組織であり、前記上層厚さと前記下層厚さが下記の式を満たし、前記Zn系めっきホットスタンプ成形品の表面のMn含有量の最大値Max.Mnと最小値Min.Mnとの比Max.Mn/Min.MnであるMn含有量比が10.0以下であり、平均値Ave.Mnが質量%で0.5~7.5%である。 0.20 ≦ 上層厚さ/(上層厚さ+下層厚さ) ≦ 0.80
国際事務局に記録されている最新の書誌情報