処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2022080262 - 蛍光体、及び発光装置

公開番号 WO/2022/080262
公開日 21.04.2022
国際出願番号 PCT/JP2021/037387
国際出願日 08.10.2021
IPC
C09K 11/08 2006.1
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
C09K 11/64 2006.1
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
64アルミニウムを含むもの
H01L 33/50 2010.1
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
50波長変換要素
出願人
  • デンカ株式会社 DENKA COMPANY LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 武田 雄介 TAKEDA Yusuke
代理人
  • 速水 進治 HAYAMI Shinji
優先権情報
2020-17240413.10.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PHOSPHOR AND LUMINESCENCE DEVICE
(FR) LUMINOPHORE ET DISPOSITIF LUMINESCENT
(JA) 蛍光体、及び発光装置
要約
(EN) This phosphor contains an inorganic compound that is obtained by having Eu solid-solved, as an activator, in a crystal expressed by SrLiAl3N4 or in an inorganic crystal that has the same crystal structure as the crystal expressed by SrLiAl3N4. With respect to an X-ray diffraction pattern of this phosphor as measured with use of a Cu-Kα ray, if I0 is the maximum peak intensity of peaks within a diffraction angle (2θ) range of from 36.5° to 38.5° and I1 is the maximum peak intensity of peaks within a diffraction angle (2θ) range of from 25.5° to 27.5°, I0 and I1 satisfy 0.055 ≤ I1/I0 ≤ 0.125.
(FR) L’invention concerne un luminophore contenant un composé inorganique qui est obtenu par obtention d’une solution solide d’Eu, servant d’activateur, dans un cristal exprimé par SrLiAl3N4 ou dans un cristal inorganique qui a la même structure cristalline que le cristal exprimé par SrLiAl3N4. Pour ce qui est du motif de diffraction aux rayons X de ce luminophore, tel que mesuré par utilisation de rayons Cu-Kα, si I0 est l’intensité de crête maximale de crêtes à l’intérieur d’une plage d’angles de diffraction (2θ) de 36,5° à 38,5°, et si I1 est l’intensité de crête maximale de crêtes à l’intérieur d’une plage d’angles de diffraction (2θ) de 25,5° à 27,5°, I0 et I1 satisfont à 0,055 ≤ I1/I0 ≤ 0,125.
(JA) 本発明の蛍光体は、SrLiAlで示される結晶、又はSrLiAlで示される結晶と同一の結晶構造を有する無機結晶にEuが賦活剤として固溶された無機化合物を含有する蛍光体であって、Cu-Kα線を用いて測定した当該蛍光体のX線回折パターンにおいて、回折角2θが36.5°以上38.5°以下の範囲内にあるピークの最大強度をIとし、回折角2θが25.5°以上27.5°以下の範囲内にあるピークの最大強度をIとしたとき、I、Iが、0.055≦I/I≦0.125を満たすように構成される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報