処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2021070773 - 管穿孔装置

公開番号 WO/2021/070773
公開日 15.04.2021
国際出願番号 PCT/JP2020/037707
国際出願日 05.10.2020
IPC
B23B 41/08 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
41特定の加工のために特に適合させられた中ぐり盤またはボール盤,または中ぐりまたは穴あけ装置;そのための付属装置
08液体またはガスの圧力下にある管に穴を中ぐり,穴あけ,または切り開きするもの
B23B 47/34 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
B旋削;中ぐり
47中ぐり盤またはボール盤のために特に設計された,構造に特徴がある構成部分;そのための付属装置
34作成された穴から切屑を取り除くための装置;工具に取りつけられた切屑破砕装置
B28D 1/14 2006.01
B処理操作;運輸
28セメント,粘土,または石材の加工
D石材または石材類似材料の加工
1他に分類されない石材または石材類似材料,例.レンガ,コンクリート,の加工;そのための機械,装置,工具
14中ぐりまたは穴あけによるもの
B28D 7/02 2006.01
B処理操作;運輸
28セメント,粘土,または石材の加工
D石材または石材類似材料の加工
7このサブクラスの他のグループに属した機械器具の使用に適した特殊補助具
02ちりを除いたりまたは鎮めたりするもの,例.液をスプレーすることによるもの;工作物を冷却するためのもの
F16L 41/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
41管の分岐;壁に管を連結すること
04管壁のタッピング,すなわち管が流体を輸送している間に管壁を通した連結を行うこと;そのための取り付け具
06管を取り囲む取り付け手段を使用するもの
F16L 55/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
55管または管系中にまたはそれと連結して用いられる装置または付属品
出願人
  • コスモ工機株式会社 COSMO KOKI CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 中里 謙介 NAKAZATO Kensuke
代理人
  • 重信 和男 SHIGENOBU Kazuo
  • 溝渕 良一 MIZOBUCHI Ryoichi
  • 石川 好文 ISHIKAWA Yoshifumi
  • 秋庭 英樹 AKIBA Hideki
  • 堅田 多恵子 KATADA Taeko
  • 林 道広 HAYASHI Michihiro
優先権情報
2019-18783211.10.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DUCT BORING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE PERÇAGE DE CONDUIT
(JA) 管穿孔装置
要約
(EN)
Provided is a duct boring device in which an indented valve seat formed in an inner surface of a neck portion can be brought into contact with a work valve body in a clean state without causing any trouble due to infiltration of machining dust generated as a result of boring, and which thereby is capable of maintaining a high degree of sealing performance. This duct boring device at least comprises: a housing 5 having a divided structure that is to be externally fitted, in a tightly sealed state, to a fluid duct 1; a work valve 3 equipped with a work valve body 31 that is brought into contact with and is separated from an indented valve seat 5i provided inside a neck portion 5d of the housing 5; and a boring machine 7 equipped with a cutter 72 that is inserted in the housing 5 and that bores a fluid duct 1 in a state of uninterrupted flow, wherein provided is a cylindrical part 75a that moves in such a manner as to be able to open and close an opening of the indented valve seat 5i inside the neck portion 5d.
(FR)
L'invention concerne un dispositif de perçage de conduit dans lequel un siège de soupape dentelé formé dans une surface interne d'une partie col peut être amené en contact avec un corps de soupape de travail dans un état propre sans causer de problème dû à l'infiltration de poussière d'usinage générée suite au perçage, et qui permet ainsi de conserver un degré élevé d’efficacité d'étanchéité. Ce dispositif de perçage de conduit comprend au moins : un logement (5) ayant une structure divisée qui est à monter, dans un état hermétiquement scellé, sur l’extérieur d’un conduit de fluide (1) ; une soupape de travail (3) équipée d'un corps de soupape de travail (31) qui est mis en contact avec un siège de soupape dentelé (5i) et séparé de ce dernier, disposé à l'intérieur d'une partie col (5d) du logement (5) ; et une perceuse (7) équipée d'un dispositif de coupe (72) qui est inséré dans le boîtier (5) et qui perce un conduit de fluide (1) dans un état d'écoulement ininterrompu, une partie cylindrique (75a) qui se déplace de manière à pouvoir ouvrir et fermer une ouverture du siège de soupape dentelé (5i) étant présente à l'intérieur de la partie col (5d).
(JA)
首部内面に形成された凹状弁座部が、穿孔により生じた切り粉の進入で不具合を生じることなく、清浄な状態で作業弁体と接触し、高い密封性を維持することができる管穿孔装置を提供すること。 流体管1を密封状に外嵌する分割構造の筐体5と、筐体5の首部5d内に設けられた凹状弁座部5iに接離する作業弁体31を備えた作業弁3と、筐体5内に挿入され流体管1を不断流状態で穿孔するカッタ72を備えた穿孔機7と、を少なくとも有する管穿孔装置であって、首部5d内の凹状弁座部5iの開口を開閉可能に移動する筒状部75aを備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報