処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2021070314 - 冷凍サイクル装置

公開番号 WO/2021/070314
公開日 15.04.2021
国際出願番号 PCT/JP2019/039966
国際出願日 10.10.2019
IPC
F25B 1/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
F25B 6/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
6数個の凝縮器回路をもつ圧縮式機械,プラントまたはシステム
02並列に配置されたもの
F25B 39/04 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
39蒸発器;凝縮器
04凝縮器
F25B 41/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
41流体循環装置,例.蒸発器からボイラに流体を移送する装置(ポンプそれ自体,ポンプの密封装置F04)
F28D 1/047 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
D熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
11つの熱交換媒体に対してのみ定置流路組立体を持ち,媒体が相互に異なった側の流路壁と接触し,他方の熱交換媒体が多量の流体である熱交換装置,例.家庭用または自動車用ラジエータ
02流体中に浸された熱交換流路をもつもの
04管状の流路をもつもの
047流路が曲がっているもの,例.うねり状またはジグザグ状のもの
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 石川 智隆 ISHIKAWA, Tomotaka
  • 佐藤 洋貴 SATO, Hiroki
代理人
  • 特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) REFRIGERATION CYCLE DEVICE
(FR) DISPOSITIF À CYCLE FRIGORIFIQUE
(JA) 冷凍サイクル装置
要約
(EN)
A refrigeration cycle device (100), wherein an air blower (5) forms an air flow (Wd1) that passes from a second port (P2) to a first port (P1) in that order and from a fourth port (P4) to a third port (P3) in that order. A non-azeotropic mixed refrigerant circulates through a compressor (1), the first port (P1), the second port (P2), a refrigerant container (11), an expansion valve (3), and a second heat exchanger (4) in that order, as well as through the compressor (1), the third port (P3), the fourth port (P4), the refrigerant container (11), the expansion valve (3), and the second heat exchanger (4) in that order. At the pressure of the non-azeotropic mixed refrigerant in a first heat exchanger (2), the temperature gradient of the non-azeotropic mixed refrigerant, which is the relationship between the dryness of the non-azeotropic mixed refrigerant and the temperature of the non-azeotropic mixed refrigerant, is expressed as an upwardly convex monotonic increasing curve in a coordinate plane with a horizontal axis representing the dryness and a vertical axis representing the temperature.
(FR)
L'invention concerne un dispositif à cycle frigorifique (100) comportant une soufflante (5) destinée à former un écoulement d'air (Wd1) passant d'un deuxième orifice (P2) à un premier orifice (P1), dans l'ordre, et d'un quatrième orifice (P4) à un troisième orifice (P3), dans l'ordre. Un fluide frigorigène mixte non azéotrope circule à travers un compresseur (1), le premier orifice (P1), le deuxième orifice (P2), un récipient de fluide frigorigène (11), un détendeur (3) et un second échangeur de chaleur (4), dans l'ordre, ainsi qu'à travers le compresseur (1), le troisième orifice (P3), le quatrième orifice (P4), le récipient de fluide frigorigène (11), le détendeur (3) et le second échangeur de chaleur (4), dans l'ordre. À la pression du fluide frigorigène mixte non azéotrope dans un premier échangeur de chaleur (2), le gradient de température du fluide frigorigène mixte non azéotrope, c'est-à-dire la relation entre la siccité du fluide frigorigène mixte non azéotrope et la température du fluide frigorigène mixte non azéotrope, est exprimé sous forme de courbe d'augmentation monotone convexe vers le haut, dans un plan de coordonnées dont un axe horizontal représente la siccité et un axe vertical représente la température.
(JA)
冷凍サイクル装置(100)において送風装置(5)は、第2ポート(P2)から第1ポート(P1)の順に通過するとともに、第4ポート(P4)から第3ポート(P3)の順に通過する気流(Wd1)を形成する。非共沸混合冷媒は、圧縮機(1)、第1ポート(P1)、第2ポート(P2)、冷媒容器(11)、膨張弁(3)、および第2熱交換器(4)の順に循環するとともに、圧縮機(1)、第3ポート(P3)、第4ポート(P4)、冷媒容器(11)、膨張弁(3)、および第2熱交換器(4)の順に循環する。第1熱交換器(2)における非共沸混合冷媒の圧力において、非共沸混合冷媒の乾き度と非共沸混合冷媒の温度との関係である非共沸混合冷媒の温度勾配は、乾き度を表す横軸と温度を表す縦軸とを有する座標平面において、上に凸の単調増加曲線として表現される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報