処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2021065118 - 冷凍装置

公開番号 WO/2021/065118
公開日 08.04.2021
国際出願番号 PCT/JP2020/025239
国際出願日 26.06.2020
IPC
F25B 13/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
13可逆サイクルをもちいた圧縮式機械,プラントまたはシステム
F25B 43/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
43気体または液体の分離または精製装置;液体冷媒の残滓を蒸発させる装置,例.加熱によるもの
F25B 1/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
F25B 1/10 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
10多段圧縮によるもの
出願人
  • ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 竹上 雅章 TAKEGAMI Masaaki
  • 田口 秀一 TAGUCHI Shuichi
代理人
  • 特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS
優先権情報
2019-18054430.09.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) REFRIGERATION DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE RÉFRIGÉRATION
(JA) 冷凍装置
要約
(EN)
A refrigeration device (1) in which a heat source unit (10) and a utilization unit (50) are connected to operate in a refrigeration cycle in which the high pressure of a refrigerant becomes equal to or higher than a critical pressure, said refrigeration device being provided with a controller (100) capable of performing a first operation to recover the refrigerant to the heat source unit (10) when a stop condition for the utilization unit (50) is satisfied and a second operation to prohibit the first operation when the pressure of the heat source unit (10) is equal to or higher than the critical pressure of the refrigerant. This configuration prevents damage to equipment, such as a refrigerant reservoir (15), when recovering the refrigerant to the heat source unit (10).
(FR)
La présente invention concerne un dispositif de réfrigération (1) dans lequel une unité de source de chaleur (10) et une unité d'utilisation (50) sont raccordées pour fonctionner dans un cycle de réfrigération dans lequel la haute pression d'un fluide frigorigène devient égale ou supérieure à une pression critique, ledit dispositif de réfrigération étant doté d'un dispositif de commande (100) capable de réaliser une première opération pour récupérer le fluide frigorigène sur l'unité de source de chaleur (10) lorsqu'une condition d'arrêt pour l'unité d'utilisation (50) est remplie et une seconde opération permettant d'empêcher la première opération lorsque la pression de l'unité de source de chaleur (10) est égale ou supérieure à la pression critique du fluide frigorigène. Cette configuration empêche un endommagement d'un équipement, tel qu'un réservoir de fluide frigorigène (15), lors de la récupération du fluide frigorigène vers l'unité de source de chaleur (10).
(JA)
熱源ユニット(10)と利用ユニット(50)とが接続され、冷媒の高圧圧力が臨界圧力以上となる冷凍サイクルを行う冷凍装置(1)において、利用ユニット(50)の停止条件が満たされると冷媒を熱源ユニット(10)に回収する第1動作と、熱源ユニット(10)の圧力が冷媒の臨界圧力以上であると第1動作を禁止する第2動作とを実行可能な制御器(100)を設け、冷媒を熱源ユニット(10)に回収する際に、冷媒貯留器(15)などの機器が損傷するのを抑制する。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報