処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2021019956 - ホーニングツールおよびホーニング加工方法

公開番号 WO/2021/019956
公開日 04.02.2021
国際出願番号 PCT/JP2020/024381
国際出願日 22.06.2020
IPC
B24B 55/02 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
55研削または研磨機械の安全装置;工具または機械の部品を良い稼動条件に維持するために研削または研磨機械に取り付けられた付属装置
02研削面の冷却のための装置,例.冷却液の供給のための装置
B24B 33/02 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
33ホーニング機械または装置;そのための付属装置
02回転内表面,例.円筒状内面または円錐状内面,を加工するために製作されたもの
B24B 33/08 2006.01
B処理操作;運輸
24研削;研磨
B研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
33ホーニング機械または装置;そのための付属装置
08ホーニング工具
出願人
  • 株式会社日進製作所 NISSIN MANUFACTURING CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 大垣 文雄 OGAKI Fumio
  • 荻 和孝 OGI Kazutaka
代理人
  • 木村 満 KIMURA Mitsuru
優先権情報
2019-13747226.07.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HONING TOOL AND HONING MACHINING METHOD
(FR) OUTIL DE RODAGE ET PROCÉDÉ D'USINAGE PAR RODAGE
(JA) ホーニングツールおよびホーニング加工方法
要約
(EN)
A honing tool (1) is provided with: a grinding part (13); a tool main body (12) comprising a first region (121), a second region (122) with a window portion (122a) through which the grinding part (13) is inserted, and a third region (123) fixed on a rotational main axis; an external cylinder (17) having an elongated cylindrical shape fitted around the first region (121) of the tool main body (112); and an extension rod (11) having a bar-like shape inserted inside the tool main body (12). The tool main body (12) further comprises grooves (121c, 122c) for discharging a grinding fluid poured into a gap formed between an outer wall of the tool main body (12) and an inner wall of the external cylinder (17). The external diameter of the external cylinder (17) is no greater than the external diameter of the second region (122).
(FR)
L'invention concerne un outil de rodage (1) qui comporte : une partie de broyage (13) ; un corps principal d'outil (12) comprenant une première région (121), une deuxième région (122) dotée d'une partie fenêtre (122a) à travers laquelle la partie de broyage (13) est insérée, et une troisième région (123) fixée sur un axe principal de rotation ; un cylindre externe (17) présentant une forme cylindrique allongée, lequel est ajusté autour de la première région (121) du corps principal d'outil (112) ; et une tige d'extension (11) présentant une forme de type barre, insérée au sein du corps principal d'outil (12). Le corps principal d'outil (12) comprend en outre des rainures (121c, 122c) destinées à l'évacuation d'un fluide de broyage versé dans un espace formé entre une paroi externe du corps principal d'outil (12) et une paroi interne du cylindre externe (17). Le diamètre externe du cylindre externe (17) n'est pas supérieur au diamètre externe de la deuxième région (122).
(JA)
ホーニングツール(1)は、研削部(13)と、第1部位(121)と研削部(13)が挿通される窓部(122a)が設けられた第2部位(122)と回転主軸に固定される第3部位(123)とを有するツール本体(12)と、長尺の筒状でありツール本体(12)の第1部位(121)に外嵌される外筒(17)と、棒状でありツール本体(12)の内側に挿通される拡張ロッド(11)と、を備える。そして、ツール本体(12)は、ツール本体(12)の外壁と外筒(17)の内壁との間に形成された隙間に流入される研削液を排出する溝(121c、122c)を有する。外筒(17)の外径寸法は、第2部位(122)の外径寸法以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報