処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2021001947 - 端末

公開番号 WO/2021/001947
公開日 07.01.2021
国際出願番号 PCT/JP2019/026389
国際出願日 02.07.2019
IPC
H04W 56/00 2009.01
H電気
04電気通信技術
W無線通信ネットワーク
56同期
H04W 72/12 2009.01
H電気
04電気通信技術
W無線通信ネットワーク
72ローカルリソースマネージメント,例.無線リソースの選択または割り当てまたは無線トラヒックスケジューリング
12無線トラヒックスケジューリング
H04W 52/02 2009.01
H電気
04電気通信技術
W無線通信ネットワーク
52パワーマネージメント,例.送信電力制御またはパワーセービング
02パワーセービング装置
出願人
  • 株式会社NTTドコモ NTT DOCOMO, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 高田 卓馬 TAKADA Takuma
  • 武田 大樹 TAKEDA Daiki
代理人
  • 三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu
  • 高橋 俊一 TAKAHASHI Shunichi
  • 伊藤 正和 ITO Masakazu
  • 橋本 浩幸 HASHIMOTO Hiroyuki
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TERMINAL
(FR) TERMINAL
(JA) 端末
要約
(EN)
A terminal uses a TA value that is configured when the terminal is in a connection state with a network, and executes uplink transmission via a preconfigured resource (PUR) that is an uplink resource configured beforehand. The terminal changes a reference (RSRP, TA timer) for determining whether or not to utilize the TA value on the basis of a coverage mode of the terminal itself.
(FR)
Un terminal utilise une valeur TA qui est configurée lorsque le terminal est dans un état de connexion avec un réseau, et exécute une transmission de liaison montante par l'intermédiaire d'une ressource préconfigurée (PUR) qui est une ressource de liaison montante configurée au préalable. Le terminal change une référence (RSRP, temporisateur TA) pour déterminer s'il faut ou non utiliser la valeur TA sur la base d'un mode de couverture du terminal lui-même.
(JA)
端末は、端末がネットワークとの接続状態のときに設定されたTA値を利用し、予め設定された上りリンクリソースである設定済リソース(PUR)を介した上りリンク送信を実行する。端末は、自端末のカバレッジモードに基づいて、TA値を利用するか否かを判定する基準(RSRP, TA timer)を変更する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報