処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020262107 - (R)-レチクリンの生産方法

公開番号 WO/2020/262107
公開日 30.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/023561
国際出願日 16.06.2020
IPC
C12P 17/12 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
17異項原子としてO,N,S,Se,またはTeのみをもつ複素環式化合物の製造
10異項原子として窒素原子のみのもの
126員環をもつもの
C12N 1/21 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1微生物,例.原生動物;その組成物
20細菌;そのための培地
21外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C12N 15/29 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
29植物蛋白質,例.ソーマチン,をコードする遺伝子
C12N 15/53 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
53酸化還元酵素(1)
CPC
C12P 17/12
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
PFERMENTATION OR ENZYME-USING PROCESSES TO SYNTHESISE A DESIRED CHEMICAL COMPOUND OR COMPOSITION OR TO SEPARATE OPTICAL ISOMERS FROM A RACEMIC MIXTURE
17Preparation of heterocyclic carbon compounds with only O, N, S, Se or Te as ring hetero atoms
10Nitrogen as only ring hetero atom
12containing a six-membered hetero ring
出願人
  • 石川県公立大学法人 ISHIKAWA PREFECTURAL PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 中川 明 NAKAGAWA Akira
  • 南 博道 MINAMI Hiromichi
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori
  • 坂西 俊明 BANZAI Toshiaki
優先権情報
2019-11670124.06.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PRODUCTION METHOD OF (R)-RETICULIN
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE (R)-RÉTICULINE
(JA) (R)-レチクリンの生産方法
要約
(EN) The present invention relates to a production method of (R)-reticulin comprising: a step for obtaining a recombinant host cell by inserting, to a host cell, a gene 1 which is composed of a nucleotide sequence having at least 70% homology to a nucleotide sequence of SEQ ID NO: 2 and which is DNA encoding a protein having an enzymatic activity of CYP80Y2, and a gene 2 which is composed of a nucleotide sequence having at least 70% homology to a nucleotide sequence of SEQ ID NO: 3 and which is DNA encoding a protein having an enzymatic activity of oxidoreductase; a step for expressing, in the recombinant host cell, the protein having the enzymatic activity of CYP80Y2 and the protein having the enzymatic activity of oxidoreductase; and a step for producing (R)-reticulin from (S)-reticulin by using the recombinant host cell.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production de (R)-réticuline consistant à obtenir une cellule hôte recombinée par insertion, dans une cellule hôte, d'un gène 1 étant composé d'une séquence nucléotidique ayant au moins 70 % d'homologie avec une séquence nucléotidique de SEQ ID NO : 2 et étant un ADN codant pour une protéine ayant une activité enzymatique de CYP80Y2, et un gène 2 étant composé d'une séquence nucléotidique ayant au moins 70 % d'homologie avec une séquence nucléotidique de SEQ ID NO : 3 et étant un ADN codant pour une protéine ayant une activité enzymatique d'oxydoréductase; à exprimer, dans la cellule hôte recombinée, la protéine ayant l'activité enzymatique de CYP80Y2 et la protéine ayant l'activité enzymatique de l'oxydoréductase ; et à produire de la (R)-réticuline à partir de la (S)-réticuline à l'aide de la cellule hôte recombinée.
(JA) 本発明は、配列番号2のヌクレオチド配列に対して、70%以上の相同性を有するヌクレオチド配列からなり、かつ、CYP80Y2の酵素活性を有するタンパク質をコードするDNAである遺伝子1と、配列番号3のヌクレオチド配列に対して、70%以上の相同性を有するヌクレオチド配列からなり、かつ、オキシドリダクターゼの酵素活性を有するタンパク質をコードするDNAである遺伝子2と、を宿主細胞に挿入して組換え宿主細胞を得るステップと、組換え宿主細胞において、CYP80Y2の酵素活性を有するタンパク質と、オキシドリダクターゼの酵素活性を有するタンパク質を発現させるステップと、組換え宿主細胞によって、(S)-レチクリンから(R)-レチクリンを生産させるステップと、を含む、(R)-レチクリンの生産方法に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報