処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020251040 - 蛍光セラミックの製造方法および蛍光セラミック

公開番号 WO/2020/251040
公開日 17.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/023293
国際出願日 12.06.2020
IPC
C09K 11/08 2006.1
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
C09K 11/67 2006.1
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
67耐火金属を含むもの
C09K 11/78 2006.1
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
77希土類金属を含むもの
78酸素を含むもの
C04B 35/486 2006.1
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
01酸化物を基とするもの
48酸化ジルコニウムまたは酸化ハフニウムまたはジルコニウム酸塩またはハフニウム酸塩を基とするもの
486ファインセラミックス
CPC
C04B 35/486
CCHEMISTRY; METALLURGY
04CEMENTS; CONCRETE; ARTIFICIAL STONE; CERAMICS; REFRACTORIES
BLIME, MAGNESIA; SLAG; CEMENTS; COMPOSITIONS THEREOF, e.g. MORTARS, CONCRETE OR LIKE BUILDING MATERIALS; ARTIFICIAL STONE
35Shaped ceramic products characterised by their composition
01based on oxide ceramics
48based on zirconium or hafnium oxides, zirconates, ; zircon; or hafnates
486Fine ceramics
C09K 11/08
CCHEMISTRY; METALLURGY
09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
KMATERIALS FOR MISCELLANEOUS APPLICATIONS, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
11Luminescent, e.g. electroluminescent, chemiluminescent materials
08containing inorganic luminescent materials
C09K 11/67
CCHEMISTRY; METALLURGY
09DYES; PAINTS; POLISHES; NATURAL RESINS; ADHESIVES; COMPOSITIONS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; APPLICATIONS OF MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
KMATERIALS FOR MISCELLANEOUS APPLICATIONS, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
11Luminescent, e.g. electroluminescent, chemiluminescent materials
08containing inorganic luminescent materials
67containing refractory metals
出願人
  • クラレノリタケデンタル株式会社 KURARAY NORITAKE DENTAL INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 工藤 恭敬 KUDO Yasutaka
  • 山本 剛久 YAMAMOTO Takahisa
  • 徳永 智春 TOKUNAGA Tomoharu
  • 山下 雄大 YAMASHITA Yudai
  • 倉地 剛志 KURACHI Tsuyoshi
代理人
  • 鎌田 耕一 KAMADA Koichi
  • 田村 康晃 TAMURA Yasuaki
優先権情報
2019-10963012.06.2019JP
2020-08158801.05.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUORESCENT CERAMIC MANUFACTURING METHOD AND FLUORESCENT CERAMIC
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CÉRAMIQUE FLUORESCENTE ET CÉRAMIQUE FLUORESCENTE
(JA) 蛍光セラミックの製造方法および蛍光セラミック
要約
(EN) The present invention provides a ceramic having novel properties. The present invention pertains to: a method for manufacturing a ceramic having fluorescent characteristics, the method involving applying a predetermined electric field in a process of heating, in a predetermined temperature range, a sample which is a green compact, a partially sintered compact, or a sintered compact in which the main component is zirconium oxide; and a fluorescent ceramic obtained by said method.
(FR) La présente invention concerne une céramique ayant de nouvelles propriétés. La présente invention concerne : un procédé de fabrication d'une céramique ayant des caractéristiques fluorescentes, le procédé consistant à appliquer un champ électrique prédéterminé dans un processus de chauffage, dans une plage de température prédéterminée, à un échantillon qui est un comprimé cru, un compact partiellement fritté, ou un compact fritté dans lequel le composant principal est de l'oxyde de zirconium ; et une céramique fluorescente obtenue selon ledit procédé.
(JA) 本発明は、新たな特性を有するセラミックを提供する。本発明は、酸化ジルコニウムを主成分とする圧粉体、仮焼結体または焼結体である試料を所定の温度範囲で加熱する過程で所定の電界を印加し、蛍光特性を有するセラミックの製造方法およびそれによって得られる蛍光セラミックに関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報