処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020250986 - 冷媒サイクルシステム

公開番号 WO/2020/250986
公開日 17.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/023068
国際出願日 11.06.2020
IPC
F25B 5/04 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
5数個の蒸発器回路,例.冷凍容量の可変なもの,をもつ圧縮式機械,プラントまたはシステム
04直列に配置されたもの
F25B 7/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
7カスケード形の圧縮式機械,プラントまたはシステム,すなわち2つ以上の回路をもつもので,1回路の凝縮器発生熱が次の回路の蒸発器に吸収されるもの
F25B 13/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
13可逆サイクルをもちいた圧縮式機械,プラントまたはシステム
F25B 1/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
出願人
  • ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 熊倉 英二 KUMAKURA, Eiji
  • 山田 拓郎 YAMADA, Takuro
  • 吉見 敦史 YOSHIMI, Atsushi
  • 岩田 育弘 IWATA, Ikuhiro
  • 南田 知厚 MINAMIDA, Tomoatsu
代理人
  • 新樹グローバル・アイピー特許業務法人 SHINJYU GLOBAL IP
優先権情報
2019-10941412.06.2019JP
2019-10941512.06.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) REFRIGERANT CYCLE SYSTEM
(FR) SYSTÈME À CYCLE DE FLUIDE FRIGORIGÈNE
(JA) 冷媒サイクルシステム
要約
(EN)
The present invention sets a refrigerant to be in a superheated state without degrading the performance of a cascade heat exchanger. A refrigerant cycle system (100, 200) is provided with a first refrigerant circuit (1, 201), a second refrigerant circuit (2, 202), and a first cascade heat exchanger (21, 221). The first cascade heat exchanger (21, 221) causes heat exchange between a first refrigerant flowing in the first refrigerant circuit (1, 201) and a second refrigerant flowing in the second refrigerant circuit (2, 202). The refrigerant cycle system (100, 200) has switching mechanisms (13, 25, 213, 225). The switching mechanisms (13, 25, 213, 225) each switch at least one of refrigerant flow paths of the first refrigerant circuit (1, 201) and the second refrigerant circuit (2, 202). The first cascade heat exchanger (21, 221) has a first main heat exchange part (21a, 221a) and a first subsidiary heat exchange part (21b, 221b). The first subsidiary heat exchange part (21b, 221b) is for causing the first refrigerant having passed through the first main heat exchange part (21a, 221a) to be in a superheated state.
(FR)
La présente invention définit un fluide frigorigène destiné à être dans un état surchauffé sans dégrader les performances d'un échangeur de chaleur en cascade. Un système à cycle de fluide frigorigène (100, 200) est pourvu d'un premier circuit de fluide frigorigène (1, 201), d'un second circuit de fluide frigorigène (2, 202), et d'un premier échangeur de chaleur en cascade (21, 221). Le premier échangeur de chaleur en cascade (21, 221) provoque un échange de chaleur entre un premier fluide frigorigène s'écoulant dans le premier circuit de fluide frigorigène (1, 201) et un second fluide frigorigène s'écoulant dans le second circuit de fluide frigorigène (2, 202). Le système à cycle de fluide frigorigène (100, 200) comporte des mécanismes de commutation (13, 25, 213, 225). Les mécanismes de commutation (13, 25, 213, 225) commutent chacun au moins l'un des chemins d'écoulement de fluide frigorigène du premier circuit de fluide frigorigène (1, 201) et du second circuit de fluide frigorigène (2, 202). Le premier échangeur de chaleur en cascade (21, 221) comporte une première partie d'échange de chaleur principale (21a, 221a) et une première partie d'échange de chaleur auxiliaire (21b, 221b). La première partie d'échange de chaleur auxiliaire (21b, 221b) est destinée à amener le premier fluide frigorigène ayant traversé la première partie d'échange de chaleur principale (21a, 221a) à être dans un état surchauffé.
(JA)
カスケード熱交換器の性能を損なわず、冷媒を過熱状態にする。冷媒サイクルシステム(100,200)は、第1冷媒回路(1,201)と、第2冷媒回路(2,202)と、第1カスケード熱交換器(21,221)と、を備える。第1カスケード熱交換器(21,221)は、第1冷媒回路(1,201)を流れる第1冷媒と、第2冷媒回路(2,202)を流れる第2冷媒と、の間で熱交換を行わせる。冷媒サイクルシステム(100,200)は、切換機構(13、25,213,225)を有す。切換機構(13、25,213,225)は、第1冷媒回路(1,201)及び第2冷媒回路(2,202)の少なくともいずれか一方の冷媒の流路を切り替える。第1カスケード熱交換器(21,221)は、第1メイン熱交換部(21a,221a)と、第1サブ熱交換部(21b,221b)と、を有す。第1サブ熱交換部(21b,221b)は、第1メイン熱交換部(21a,221a)を通過した第1冷媒を過熱状態にするためのものである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報