処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020250909 - ガラス体の製造方法及びガラス体の製造装置

公開番号 WO/2020/250909
公開日 17.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/022759
国際出願日 10.06.2020
IPC
C03B 17/04 2006.1
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
17流出,押し出しまたは成形スリットからの下方あるいは側方への引き出しまたはリップからのオーバーフローによるガラスの成形
04静置または回転装置からのまたは成形ノズルからの引き出しによる管または棒の成形
C03B 23/047 2006.1
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
23成形ガラスの再成形
04管または棒の再成形
047引伸し成形によるもの
CPC
C03B 17/04
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
17Forming ; molten; glass by flowing-out, pushing-out, ; extruding; or drawing downwardly or laterally from forming slits or by overflowing over lips
04Forming tubes or rods by drawing from stationary or rotating tools or from forming nozzles
C03B 23/047
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
23Re-forming shaped glass
04Re-forming tubes or rods
047by drawing
出願人
  • 日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 伊藤 伸敏 ITO Nobutoshi
  • 伊澤 誠一 ISAWA Seiichi
  • 近藤 真史 KONDO Naofumi
代理人
  • 恩田 誠 ONDA Makoto
  • 恩田 博宣 ONDA Hironori
優先権情報
2019-11075414.06.2019JP
2019-16109104.09.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD OF MANUFACTURING GLASS BODY AND APPARATUS FOR MANUFACTURING GLASS BODY
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN CORPS EN VERRE ET DISPOSITIF POUR LA FABRICATION D'UN CORPS EN VERRE
(JA) ガラス体の製造方法及びガラス体の製造装置
要約
(EN) The purpose of the present invention is to provide a method of manufacturing a glass body and an apparatus for manufacturing a glass body, which can suppress a decrease in manufacturing yield when the glass body is manufactured. The method of manufacturing a tubular glass (G3) comprises an adjustment step for adjusting the dimensions by heat-treating a tubular glass (G2), wherein in the adjustment step, the tubular glass (G2) is heat-treated such that the amount of heat from the tubular glass (G2) differs in the circumferential direction of the tubular glass (G2).
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un procédé de fabrication d'un corps en verre et un dispositif pour la fabrication d'un corps en verre, qui peuvent permettre d'éviter une diminution du rendement de fabrication lors de la fabrication du corps en verre. Le procédé de fabrication d'un verre tubulaire (G3) comprend une étape d'ajustement pour ajuster les dimensions par traitement thermique d'un verre tubulaire (G2). Lors de l'étape d'ajustement, le verre tubulaire (G2) est traité thermiquement de telle sorte que la quantité de chaleur en provenance du verre tubulaire (G2) diffère dans la direction circonférentielle du verre tubulaire (G2).
(JA) 本発明は、ガラス体の製造時に、製造歩留まりの低下を抑制できるガラス体の製造方法及びガラス体の製造装置を提供することを課題とする。管ガラス(G3)の製造方法は、管状ガラス(G2)を熱処理することにより寸法調整する調整工程を備え、調整工程は、管状ガラス(G2)の周方向において、管状ガラス(G2)の放熱量に差が生じるように、管状ガラス(G2)を熱処理する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報