処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020246620 - ベアリング

公開番号 WO/2020/246620
公開日 10.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/022936
国際出願日 27.05.2020
IPC
F16C 19/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19専ら回転運動のためのころがり軸受
021列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
04おもにラジアル荷重用
06単列の玉をもつもの
F16C 19/26 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19専ら回転運動のためのころがり軸受
221列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
24おもにラジアル荷重用
26単列のころをもつもの
F16C 33/34 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30玉軸受またはころ軸受の部品
34ころ;針状ころ
F16C 33/58 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30玉軸受またはころ軸受の部品
58軌道;軌道輪
出願人
  • 浜口 隆志 HAMAGUCHI Takashi [JP]/[JP]
発明者
  • 浜口 隆志 HAMAGUCHI Takashi
優先権情報
2019-11409903.06.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BEARING
(FR) ROULEMENT
(JA) ベアリング
要約
(EN)
The inner bearing ring and the outer bearing ring of conventional bearings have different diameters, so when the outer bearing ring is fixed and the inner bearing ring rotates, the rolling elements move opposite the direction of rotation of the inner bearing ring. This bearing is characterized in that, by configuring the contact positions of the rolling elements to contact the outside of the inner bearing ring on the small-diameter section and contact the inside of the outer bearing ring on the large-diameter section, even if the outer bearing ring is fixed and the inner bearing ring rotates, the rolling elements do not move opposite the direction of rotation of the inner bearing ring.
(FR)
La bague intérieure de roulement et la bague extérieure de roulement des roulements classiques présentent des diamètres différents, de telle sorte que lorsque la bague extérieure de roulement est fixe et que la bague intérieure de roulement tourne, les éléments de roulement se déplacent à l'opposé de la direction de rotation de la bague intérieure de roulement. Le roulement selon la présente invention est caractérisé en ce que, en concevant les positions de contact des éléments de roulement pour que ces derniers entrent en contact avec l'extérieur de la bague intérieure de roulement sur la partie de petit diamètre et qu'ils entrent en contact avec l'intérieur de la bague extérieure de roulement sur la partie de grand diamètre, même si la bague extérieure de roulement est fixe et que la bague intérieure de roulement tourne, les éléments de roulement ne se déplacent pas à l'opposé de la direction de rotation de la bague intérieure de roulement.
(JA)
従来のベアリングは、内軌道輪と外軌道輪では直径が違うため、外軌道輪を固定して内軌道輪が回転すると、転動体が内軌道輪の回転方向と逆方向に移動するため、転動体の接触位置を小径部で内軌道輪に外接し大径部で外軌道輪に内接する様に設定することにより、外軌道輪を固定して内軌道輪が回転しても転動体が内軌道輪の回転方向と逆方向に移動しないベアリングにした事を特徴とするベアリング。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報