処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020246589 - 円すいころ軸受

公開番号 WO/2020/246589
公開日 10.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/022321
国際出願日 05.06.2020
IPC
F16C 19/36 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19専ら回転運動のためのころがり軸受
221列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
34ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
36単列のころをもつもの
F16C 33/46 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30玉軸受またはころ軸受の部品
46ころ用または針状ころ用保持器
F16C 33/66 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30玉軸受またはころ軸受の部品
66潤滑からみた特別な部品または細部
出願人
  • NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 石川 貴則 ISHIKAWA Takanori
  • 藤掛 泰人 FUJIKAKE Yasuhito
代理人
  • 鎌田 直也 KAMADA Naoya
  • 鎌田 文二 KAMADA Bunji
  • 中谷 弥一郎 NAKATANI Yaichiro
優先権情報
2019-10514705.06.2019JP
2019-14096131.07.2019JP
2020-09538001.06.2020JP
2020-09538301.06.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) TAPERED ROLLER BEARING
(FR) ROULEMENT À ROULEAUX CONIQUES
(JA) 円すいころ軸受
要約
(EN)
In this tapered roller bearing, a large-diameter-side annular portion (12) has a large-diameter-side pocket surface (16) opposite large-end surfaces (11) of tapered rollers (4), and an oil-collecting recess (20) that opens throughout the space between the inner peripheral surface of the large-diameter-side annular portion (12) and the large-diameter-side pocket surface (16), wherein the surface of the inner surface of the oil-collecting recess (20) that faces radially inward is an inclined surface that approaches the radially inner side while approaching the tapered rollers (4).
(FR)
Dans ce roulement à rouleaux coniques, une partie annulaire côté grand diamètre (12) a une surface de poche côté grand diamètre (16) à l'opposé de surfaces de grande extrémité (11) de rouleaux coniques (4), et un évidement de collecte d'huile (20) qui s'ouvre dans l'espace entre la surface périphérique interne de la partie annulaire côté grand diamètre (12) et la surface de poche côté grand diamètre (16), la surface de la surface interne de l'évidement de collecte d'huile (20) qui fait face radialement vers l'intérieur étant une surface inclinée qui s'approche du côté radialement interne tout en s'approchant des rouleaux coniques (4).
(JA)
大径側環状部(12)は、各円すいころ(4)の大端面(11)に対向する大径側ポケット面(16)と、大径側環状部(12)の内周面と大径側ポケット面(16)の間にまたがって開口する保油凹部(20)とを有する円すいころ軸受において、保油凹部(20)の内面のうちの径方向内側を臨む面は、円すいころ(4)に近づくにつれて径方向内側に近づく傾斜面となっている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報