処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020241801 - 浸潤性腺癌罹患判定方法、分析方法、並びにそれに使用するマーカー糖タンパク質およびその断片

公開番号 WO/2020/241801
公開日 03.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/021244
国際出願日 28.05.2020
IPC
C12N 15/53 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09組換えDNA技術
11DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
52酵素または酵素前駆体をコードする遺伝子
53酸化還元酵素(1)
C12Q 1/6886 2018.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1酵素,核酸または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68核酸を含むもの
6876核酸分析で使用される核酸産物,例.プライマーまたはプローブ
6883遺伝物質の変化を原因とする病気用
6886癌用
C12N 9/02 2006.1
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
02酸化還元酵素(1.),例.ルシフェラーゼ
G01N 33/574 2006.1
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33グループG01N1/00~G01N31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
574癌のためのもの
CPC
C12Q 1/6886
CCHEMISTRY; METALLURGY
12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
QMEASURING OR TESTING PROCESSES INVOLVING ENZYMES, NUCLEIC ACIDS OR MICROORGANISMS
1Measuring or testing processes involving enzymes, nucleic acids or microorganisms
68involving nucleic acids
6876Nucleic acid products used in the analysis of nucleic acids, e.g. primers or probes
6883for diseases caused by alterations of genetic material
6886for cancer
G01N 33/574
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
33Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
48Biological material, e.g. blood, urine
50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
53Immunoassay; Biospecific binding assay; Materials therefor
574for cancer
出願人
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP]/[JP]
  • 国立大学法人 筑波大学 UNIVERSITY OF TSUKUBA [JP]/[JP]
  • 学校法人東京医科大学 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY [JP]/[JP]
  • キヤノンメディカルシステムズ株式会社 CANON MEDICAL SYSTEMS CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 栂谷内 晶 TOGAYACHI, Akira
  • 久野 敦 KUNO, Atsushi
  • 梶 裕之 KAJI, Hiroyuki
  • 成松 久 NARIMATSU, Hisashi
  • 野口 雅之 NOGUCHI, Masayuki
  • 松岡 亮太 MATSUOKA, Ryota
  • 池田 徳彦 IKEDA, Norihiko
  • 長尾 俊孝 NAGAO, Toshitaka
  • 前田 純一 MAEDA, Junichi
  • 櫻井 康雄 SAKURAI, Yasuo
  • 吉村 斉湖 YOSHIMURA, Seiko
  • 金山 省一 KANAYAMA, Shoichi
代理人
  • 特許業務法人スズエ国際特許事務所 S & S INTERNATIONAL PPC
優先権情報
2019-10153230.05.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR DETERMINING OCCURRENCE OF AFFECTION WITH INVASIVE ADENOCARCINOMA, METHOD FOR ANALYSIS ON SAID AFFECTION, AND MARKER GLYCOPROTEIN FOR USE IN THESE METHODS AND FRAGMENT THEREOF
(FR) PROCÉDÉS POUR DÉTERMINER L'APPARITION D'UNE AFFECTION À ADÉNOCARCINOME INVASIF, PROCÉDÉ D'ANALYSE DE LADITE AFFECTION, ET GLYCOPROTÉINE MARQUEUR DESTINÉE À ÊTRE UTILISÉE DANS CES PROCÉDÉS ET FRAGMENT CORRESPONDANT
(JA) 浸潤性腺癌罹患判定方法、分析方法、並びにそれに使用するマーカー糖タンパク質およびその断片
要約
(EN) A marker glycoprotein according to an embodiment is a marker glycoprotein for determining as to whether or not the type of adenocarcinoma affecting a subject is invasive adenocarcinoma as distinguished from preinvasive lesion or microinvasive carcinoma. The marker glycoprotein comprises a protein and a sugar chain bonded to the protein. The protein is PLOD3 or CP, and the sugar chain is capable of binding to HHL.
(FR) Une glycoprotéine marqueur selon un mode de réalisation est une glycoprotéine marqueur pour déterminer si le type d'adénocarcinome affectant un sujet est un adénocarcinome invasif à distinguer d'une lésion pré-invasive ou d'un carcinome micro-invasif. La glycoprotéine marqueur comprend une protéine et une chaîne sucre liée à la protéine. La protéine est PLOD3 ou CP, et la chaîne sucre est capable de se lier à HHL.
(JA) 実施形態に従うマーカー糖タンパク質は、対象が罹患している肺腺癌の分類が浸潤性腺癌であるか否かを、前浸潤性病変又は微小浸潤性癌と区別して識別するためのマーカー糖タンパク質である。マーカー糖タンパク質は、タンパク質及び当該タンパク質に結合している糖鎖を含む。タンパク質はPLOD3又はCPであり、糖鎖はHHLに対して結合能を有する。
Related patent documents
国際事務局に記録されている最新の書誌情報