処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020240847 - 分子を振動回転させる装置を用いた暖冷房システム

公開番号 WO/2020/240847
公開日 03.12.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/021802
国際出願日 31.05.2019
IPC
F25B 41/06 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
41流体循環装置,例.蒸発器からボイラに流体を移送する装置(ポンプそれ自体,ポンプの密封装置F04)
06流量制限器,例.キャピラリ管;その配置
F25B 40/02 2006.1
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
40過冷却器,デスーパーヒータまたはスーパーヒータ
02過冷却器
CPC
F25B 40/02
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
40Subcoolers, desuperheaters or superheaters
02Subcoolers
Y02B 30/70
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
30Energy efficient heating, ventilation or air conditioning [HVAC]
70Efficient control or regulation technologies, e.g. for control of refrigerant flow, motor or heating
出願人
  • 合同会社原隆雄研究所 HARA TAKAO LABORATORY LLC [JP]/[JP]
  • 原 隆雄 HARA, Takao
発明者
  • 原 隆雄 HARA, Takao
代理人
  • 江部 武史 EBE, Takeshi
  • 大坪 賢吾 OTSUBO, Kengo
  • 朝比 一夫 ASAHI, Kazuo
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) HEATING AND COOLING SYSTEM USING MOLECULAR ROVIBRATION DEVICE
(FR) SYSTÈME DE CHAUFFAGE ET DE REFROIDISSEMENT UTILISANT UN DISPOSITIF ROVIBRATIONNEL MOLÉCULAIRE
(JA) 分子を振動回転させる装置を用いた暖冷房システム
要約
(JA) 瞬時エネルギー変換装置1を適用した暖冷房システムは、高圧熱冷媒を縦振動回転させて液化させる螺旋状太管23と、螺旋状太管23に接続され、液冷媒を横振動回転させて中圧過冷却させる螺旋形状管22と、螺旋形状管22に接続され、液冷媒をスピン振動回転させて減圧膨張させる螺旋状細管21とを有する。また、冷媒を圧縮するコンプレッサと、圧縮された冷媒の熱を放熱させる渦巻管70と、を有する。
Related patent documents
国際事務局に記録されている最新の書誌情報