処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020230679 - 車両用ガラス構造体、接着構造、及び合わせガラス

公開番号 WO/2020/230679
公開日 19.11.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/018474
国際出願日 01.05.2020
IPC
C03C 27/12 2006.01
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Cガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグ製の繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10目的に特に適する接着物によるもの
12合わせガラス
C09J 175/04 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04ポリウレタン
C09J 201/00 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201不特定の高分子化合物に基づく接着剤
B60J 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
J車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1窓;風防ガラス;そのための付属装置
出願人
  • AGC株式会社 AGC INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 小嶌 信貴 KOJIMA, Nobutaka
  • 佐瀬 正行 SASE, Masayuki
代理人
  • 伊東 忠重 ITOH, Tadashige
  • 伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko
優先権情報
2019-09052913.05.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) VEHICLE GLASS STRUCTURAL BODY, ADHESION STRUCTURE, AND LAMINATED GLASS
(FR) CORPS STRUCTURAL EN VERRE DE VÉHICULE, STRUCTURE D'ADHÉRENCE ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 車両用ガラス構造体、接着構造、及び合わせガラス
要約
(EN)
This vehicle glass structural body is provided with a glass plate and a foil-like connecting member that is disposed on the main surface of the glass plate so as to be electrically connected to a conductor provided to the glass plate or the vicinity thereof, the foil-like connecting member being adhered, via an adhesive material disposed so as to overlap at least a portion of the edge of the foil-like connecting member, to an adherend member that is disposed so as to face at least a portion of the main surface of the glass plate or the glass plate, wherein the edge of the connecting member has a projection and/or recess in a plan view.
(FR)
La présente invention concerne un corps structural en verre de véhicule qui est pourvu d'une plaque de verre et d'un élément de liaison de type feuille qui est disposé sur la surface principale de la plaque de verre de façon à être électriquement connecté à un conducteur disposé sur la plaque de verre ou à proximité de celle-ci, l'élément de liaison de type feuille étant collé, par l'intermédiaire d'un matériau adhésif disposé de manière à chevaucher au moins une partie du bord de l'élément de liaison de type feuille, à un élément adhérent qui est disposé de façon à faire face à au moins une partie de la surface principale de la plaque de verre ou à la plaque de verre, le bord de l'élément de liaison comportant une saillie et/ou un évidement dans une vue en plan.
(JA)
車両用ガラス構造体は、ガラス板と、前記ガラス板の主面に配置され、前記ガラス板に又はその近傍に設けられた導電体に電気的に接続された箔状接続部材とを備え、前記箔状接続部材が、前記箔状接続部材の縁部の少なくとも一部と重なるように配置される接着性材料を介して、前記ガラス板又は前記ガラス板の主面の少なくとも一部に対向するように配置される被接着部材に接着される車両用ガラス構造体であって、前記接続部材の前記縁部は、平面視で、凹部及び/又は凸部を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報