処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020218451 - 希土類錯体、希土類錯体溶液、発光性成形体、発光性物品を製造する方法、発光性シート、及び農業用ビニールハウス

公開番号 WO/2020/218451
公開日 29.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/017569
国際出願日 23.04.2020
IPC
B32B 27/18 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
18特別な添加剤の使用を特徴とするもの
C07C 43/205 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
43エーテル;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物
02エーテル
20エーテル基の酸素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
205芳香環が非縮合環であるもの
C07C 47/575 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
47―CHO基をもつ化合物
526員芳香環の炭素原子に結合している―CHO基をもつ化合物
575エーテル基,「図」基,「図」基,または「図」基を含有するもの
C07F 5/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
F炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
5周期表の第3族または第13族の元素を含有する化合物
C09K 11/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
06有機発光性物質を含有するもの
C07C 49/92 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
49ケトン;ケテン;二量化ケテン;ケトン性キレート
92ケトン性キレート
出願人
  • 国立大学法人北海道大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION HOKKAIDO UNIVERSITY [JP]/[JP]
発明者
  • 北川 裕一 KITAGAWA Yuichi
  • 島 かおり SHIMA Kaori
  • 和田 智志 WADA Satoshi
  • 長谷川 靖哉 HASEGAWA Yasuchika
  • 伏見 公志 FUSHIMI Koji
代理人
  • 長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki
  • 諏澤 勇司 SUZAWA Yuji
優先権情報
2019-08562626.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RARE EARTH COMPLEX, RARE EARTH COMPLEX SOLUTION, LUMINESCENT MOLDED ARTICLE, METHOD FOR PRODUCING LUMINESCENT PRODUCT, LUMINESCENT SHEET, AND VINYL GREENHOUSE FOR AGRICULTURE
(FR) COMPLEXE DE TERRE RARE, SOLUTION DE COMPLEXE DE TERRE RARE, ARTICLE MOULÉ LUMINESCENT, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PRODUIT LUMINESCENT, FEUILLE LUMINESCENTE ET SERRE EN VINYLE POUR L'AGRICULTURE
(JA) 希土類錯体、希土類錯体溶液、発光性成形体、発光性物品を製造する方法、発光性シート、及び農業用ビニールハウス
要約
(EN)
Disclosed is a rare earth complex having a rare earth ion and a phosphine oxide ligand that is coordinated with the rare earth ion and that is represented by formula (I) (where R1, R2, R3, R4, R5 and R6 are each independently an optionally substituted alkyl group).
(FR)
L'invention concerne un complexe de terre rare ayant un ion de terre rare et un ligand d'oxyde de phosphine qui est coordonné avec l'ion de terre rare et qui est représenté par la formule (I) (où R1, R2, R3, R4, R5 et R6 représentent chacun indépendamment un groupe alkyle éventuellement substitué).
(JA)
希土類イオンと、該希土類イオンに配位し、下記式(I): で表され、R、R、R、R、R及びRがそれぞれ独立に、置換基を有していてもよいアルキル基を示す、ホスフィンオキシド配位子と、を有する希土類錯体が開示される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報