処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020209306 - レーダ装置及びレーダ装置用ブラケット

公開番号 WO/2020/209306
公開日 15.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/015868
国際出願日 08.04.2020
IPC
H01Q 15/18 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Qアンテナ,すなわち空中線
15アンテナから放射された電波を反射,屈折,回折または偏波するための装置,例.光学類似装置
14反射表面;その等価構成
18複数の相互に傾斜した平板表面よりなるもの,例.コーナー反射器
H01Q 19/17 2006.01
H電気
01基本的電気素子
Qアンテナ,すなわち空中線
19アンテナに所望する指向特性を与えるために,1次輻射器と2次装置たとえば光学類似装置をもった単位との組み合わせ
10反射表面を使用するもの
12そのなかで面が凹んだもの
17一次輻射源が2もしくはそれ以上の輻射器で構成されているもの
G01S 7/03 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
7グループG01S13/00,G01S15/00,G01S17/00による方式の細部
02グループG01S13/00による方式のもの
03そのために特に適合されたHFサブ方式の細部,例.送信機,受信機に共通なもの
G01S 13/931 2020.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
88特定の応用に特に適合したレーダ方式または類似の方式
93衝突防止目的のもの
931陸上車両のもの
出願人
  • 株式会社デンソー DENSO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 櫻井 一正 SAKURAI, Kazumasa
  • 境 俊哉 SAKAI, Toshiya
代理人
  • 名古屋国際特許業務法人 NAGOYA INTERNATIONAL PATENT FIRM
優先権情報
2019-07342308.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RADAR DEVICE AND BRACKET FOR RADAR DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE RADAR ET ÉTRIER POUR DISPOSITIF DE RADAR
(JA) レーダ装置及びレーダ装置用ブラケット
要約
(EN)
A radar device (1, 101) is for detecting an object present in a predetermined detection range by radiating radio waves, and is provided with an antenna part (2) and a radio wave reflection part (4, 400). The antenna part is configured to radiate radio waves. The radio wave reflection part is disposed in a region that is around the antenna part and that is out of the detection range, and has a reflection surface, the height of which with respect to an installation surface (44) of the radar device gradually changes.
(FR)
L’invention concerne un dispositif de radar (1, 101) qui sert à détecter un objet présent dans une plage de détection préétablie en émettant des ondes radio, et qui comporte une partie d’antenne (2) et une partie de réflexion d’ondes radio (4, 400). La partie d’antenne sert à émettre des ondes radio. La partie de réflexion d’ondes radio est disposée dans une zone qui entoure la partie d’antenne et qui est hors de la plage de détection, et a une surface de réflexion, dont la hauteur par rapport à une surface d’installation (44) du dispositif radar change graduellement.
(JA)
電波を放射して所定の検知範囲内に存在する物体を検知するレーダ装置(1,101)であって、アンテナ部(2)と、電波反射部(4,400)と、を備える。アンテナ部は、電波を放射するように構成されている。電波反射部は、アンテナ部の周囲の領域であって検知範囲外の領域に配置され、レーダ装置の設置面(44)に対する高さが漸次変化している反射面を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報