処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020208910 - 連続繊維補強材を使用した短繊維補強コンクリート構造物

公開番号 WO/2020/208910
公開日 15.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/003707
国際出願日 31.01.2020
予備審査請求日 25.05.2020
IPC
C04B 28/02 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
28無機結合剤を含有するかまたは無機結合剤と有機結合剤との反応生成物を含有するモルタル,コンクリートまたは人造石の組成物,例.ポリカルボン酸セメント
02硫酸カルシウム以外の水硬性セメントを含有するもの
C04B 14/38 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
14モルタル,コンクリートまたは人造石のための充填材,例.顔料,としての無機物の使用;モルタル,コンクリートまたは人造石に対する無機物の充填性を向上させるのに特に適合する処理
38繊維状材料;ウィスカー
C04B 16/06 2006.01
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
16モルタル,コンクリートまたは人造石のための充填材,例.顔料,としての有機物の使用;モルタル,コンクリートまたは人造石に対する有機物の充填性を向上させるのに特に適合する処理
04高分子化合物
06繊維状の
E01D 19/12 2006.01
E固定構造物
01道路,鉄道または橋りょうの建設
D
19橋の細部
12橋の格子または床;鉄道用まくら木または軌道の取り付け
E04B 5/43 2006.01
E固定構造物
04建築物
B建築構造一般;壁,例.間仕切り;屋根;床;天井;建築物の絶縁またはその他の保護
5床;絶縁に関する床構造;そのために特別に適用される接合
43特殊な設計の床構造;弾性的安定に関連する形状;柱のみでささえるための特別に設計された床構造,例.マッシュルーム床
E04C 2/04 2006.01
E固定構造物
04建築物
C構造要素;建築材料
2建築物の部分構造のための比較的薄い形状の建築要素,例.シート部材,スラブまたはパネル
02特定材料に特徴のあるもの
04コンクリートまたは他の石状材料からなるもの,石綿セメントからなるもの
出願人
  • 東京製綱株式会社 TOKYO ROPE MFG. CO., LTD. [JP]/[JP]
  • オリエンタル白石株式会社 ORIENTAL SHIRAISHI CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 田中 良弘 TANAKA Yoshihiro
  • 幸田 英司 KODA Eiji
  • 田中 徹 TANAKA Toru
  • 角本 周 TSUNOMOTO Meguru
  • 渡瀬 博 WATASE Hiroshi
  • 石井 智大 ISHII Tomohiro
代理人
  • 安彦 元 ABIKO Gen
優先権情報
2019-07382208.04.2019JP
2020-00474815.01.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SHORT-FIBER-REINFORCED CONCRETE STRUCTURE USING CONTINUOUS-FIBER REINFORCEMENT MATERIAL
(FR) STRUCTURE EN BÉTON RENFORCÉE PAR DES FIBRES COURTES UTILISANT UN MATÉRIAU DE RENFORCEMENT À FIBRES CONTINUES
(JA) 連続繊維補強材を使用した短繊維補強コンクリート構造物
要約
(EN)
[Problem] To provide a concrete structure and a concrete slab having low manufacturing costs and ultra-high durability while taking advantage of the superior properties of a continuous-fiber reinforcement material which does not rust and in which the mechanical deficiencies of continuous-fiber reinforcement materials are compensated by mixing, in concrete, a short-fiber reinforcement material together with a continuous-fiber reinforcement material serving as a main reinforcement material or tendon. [Solution] A concrete structure in which a continuous-fiber reinforcement material is provided as a main reinforcement material or tendon, wherein 0.5% or more of a short-fiber reinforcement material comprising organic fibers is added with respect to the total volume, the continuous-fiber reinforcement material is shaped as a rod or strand, the ratio Lf/Gm of the fiber length Lf of the organic fibers in the short-fiber reinforcement material to the maximum aggregate diameter Gm of the concrete mix is 1.2 to 3.7, and the aspect ratio Lf/De is 30 to 69, where De is the equivalent diameter of the cross-sectional area of the organic fibers when converted into a circle.
(FR)
La présente invention concerne une structure en béton et une dalle en béton présentant de faibles coûts de fabrication et une durabilité ultra-élevée tout en tirant parti des propriétés supérieures d'un matériau de renforcement à fibres continues ne rouillant pas, et dans laquelle les déficiences mécaniques de matériaux de renforcement à fibres continues sont compensées grâce au mélange, dans le béton, d'un matériau de renforcement à fibres courtes conjointement avec un matériau de renforcement à fibres continues servant de matériau de renforcement principal ou d'armature de précontrainte. La structure en béton selon l'invention contient un matériau de renforcement à fibres continues en tant que matériau de renforcement principal ou armature de précontrainte ; au moins 0,5 % d'un matériau de renforcement à fibres courtes comprenant des fibres organiques est ajouté par rapport au volume total, le matériau de renforcement à fibres continues étant sous forme de tige ou de brin, le rapport Lf/Gm de la longueur de fibre Lf des fibres organiques dans le matériau de renforcement à fibres courtes par rapport au diamètre d'agrégat maximal Gm du mélange de béton étant compris entre 1,2 et 3,7, et le rapport d'aspect Lf/De étant compris entre 30 et 69, De représentant le diamètre équivalent de la surface de section transversale des fibres organiques lorsque celle-ci est convertie en un cercle.
(JA)
【課題】連続繊維補強材を主補強材又は緊張材とするとともに、短繊維補強材をコンクリートに混入することにより、連続繊維補強材の力学的な欠点を補って錆びるとのない連続繊維補強材の優れた特性を活かした製造コストが安く超高耐久なコンクリート構造物及びコンクリート床版を提供する。 【解決手段】連続繊維補強材が主補強材又は緊張材として配設されたコンクリート構造物において、有機繊維からなる短繊維補強材を全体の体積に対して0.5%以上混入し、前記連続繊維補強材を、棒状又はより線状とし、前記短繊維補強材の前記有機繊維の繊維長Lfとコンクリート配合の最大骨材径Gmとの比Lf/Gmを、1.2~3.7とし、且つ、有機繊維の断面積を、円換算した等価直径をDeとしたときのアスペクト比Lf/Deを、30~69とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報