処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020208901 - ポリイソプレン、ゴム組成物及びタイヤ

公開番号 WO/2020/208901
公開日 15.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/003025
国際出願日 28.01.2020
IPC
B60C 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
C車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
1化学的な組成または組成物の物理的配列または混合により特徴づけられるタイヤ
C08F 36/08 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
361個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少なくとも1個が2個以上の炭素-炭素二重結合を含有する化合物の単独重合体または共重合体
02不飽和脂肪族基が2個の炭素―炭素二重結合を含有する単量体
04共役系
08イソプレン
C08L 9/00 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
9共役ジエン炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物
出願人
  • 株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 高野 重永 TAKANO Shigenaga
  • 堀田 文 HOTTA Aya
  • 玉木 悟 TAMAKI Satoru
代理人
  • 杉村 憲司 SUGIMURA Kenji
優先権情報
2019-07662112.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POLYISOPRENE, RUBBER COMPOSITION, AND TIRE
(FR) POLYISOPRÈNE, COMPOSITION DE CAOUTCHOUC ET PNEU
(JA) ポリイソプレン、ゴム組成物及びタイヤ
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a novel polyisoprene capable of suppressing deterioration of the fuel-saving performance of a tire. This problem is solved by a polyisoprene characterized in that the vinyl bond content is 30 mol% or greater and the ratio between the weight-average absolute molecular weight determined by GPC-MALS and the weight-average molecular weight in terms of polystyrene determined by GPC [(weight-average absolute molecular weight)/(weight-average molecular weight in terms of polystyrene)] is 0.850 or less.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un nouveau polyisoprène capable de supprimer la détérioration des performances d'économie de carburant d'un pneu. Ce problème est résolu par un polyisoprène caractérisé en ce que la teneur en liaison vinylique est de 30 % en moles ou plus et le rapport entre le poids moléculaire absolu moyen en poids déterminé par CPG-MALS et le poids moléculaire moyen en poids en termes de polystyrène déterminé par CPG [(poids moléculaire absolu moyen en poids)/(poids moléculaire moyen en poids en termes de polystyrène)] est de 0,850 ou moins.
(JA)
本発明の課題は、タイヤの低燃費性能の悪化を抑制することが可能な、新規なポリイソプレンを提供することであり、その解決手段は、ビニル結合量が、30mol%以上であり、GPC-MALSで測定した重量平均絶対分子量と、GPCで測定したポリスチレン換算重量平均分子量との比[(重量平均絶対分子量)/(ポリスチレン換算重量平均分子量)]が、0.850以下であることを特徴とする、ポリイソプレンである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報