処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020204169 - ダイヤフラムバルブ

公開番号 WO/2020/204169
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/015350
国際出願日 03.04.2020
IPC
F16K 7/16 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
7ダイヤフラム締め切り装置,例.流路を閉鎖するために,全部は動かないが,変形される部材をもつもの
12平担,皿状,わん状,のダイヤフラム
14平担弁座面に対して変形されるように配置されているもの
16機械的に作動されるダイヤフラム,例.ねじスピンドルまたはカム作動
F16K 7/17 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
7ダイヤフラム締め切り装置,例.流路を閉鎖するために,全部は動かないが,変形される部材をもつもの
12平担,皿状,わん状,のダイヤフラム
14平担弁座面に対して変形されるように配置されているもの
17流体圧により作動されるダイヤフラム
出願人
  • 旭有機材株式会社 ASAHI YUKIZAI CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 海老原 秀徳 EBIHARA, Hidenori
  • 日▲高▼ 啓昭 HIDAKA, Hiroaki
代理人
  • 丹羽 匡孝 TAMBA, Masataka
  • 西山 善章 NISHIYAMA, Yoshiaki
  • 梅田 明彦 UMEDA, Akihiko
優先権情報
2019-07192904.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DIAPHRAGM VALVE
(FR) SOUPAPE À DIAPHRAGME
(JA) ダイヤフラムバルブ
要約
(EN)
A diaphragm valve (11) equipped with: a valve main body (13) having formed therein a valve chamber (19), and an inflow passage (25) and an outflow passage (29) communicating with the valve chamber (19); an annular valve seat (21) formed in the valve chamber (19); a diaphragm (15) that contacts and separates from the valve seat (21); and a drive unit (17) that drives the diaphragm (15). A drive unit case (31) of the drive unit (17) is coupled to the valve main body (13) such that an outer peripheral edge portion of the diaphragm (15) is sandwiched between the valve main body (13) and the drive unit case, and the drive unit case (31) is formed from an electroconductive fluorine resin material.
(FR)
L'invention concerne une soupape à diaphragme (11) comprenant : un corps principal de soupape (13) dans lequel est formée une chambre de soupape (19) ainsi qu'un passage d'entrée (25) et un passage de sortie (29) qui communiquent avec la chambre de soupape (19) ; un siège de soupape annulaire (21) formé dans la chambre de soupape (19) ; un diaphragme (15) qui entre en contact avec le siège de soupape (21) et se sépare de celui-ci ; et une unité d'entraînement (17) qui entraîne le diaphragme (15). Un boîtier d'unité d'entraînement (31) de l'unité d'entraînement (17) est couplé au corps principal de soupape (13) de sorte qu'une portion de bord périphérique externe du diaphragme (15) est prise en sandwich entre le corps principal de soupape (13) et le boîtier d'unité d'entraînement, et le boîtier d'unité d'entraînement (31) est constitué d'un matériau de résine fluorée électro-conducteur.
(JA)
ダイヤフラムバルブ(11)は、弁室(19)と弁室(19)に連通する流入路(25)及び流出路(29)とが形成された弁本体(13)と、弁室(19)に形成された環状の弁座(21)と、弁座(21)に接離するダイヤフラム(15)と、ダイヤフラム(15)を駆動する駆動部(17)とを備える。駆動部(17)の駆動部筐体(31)が弁本体(13)との間にダイヤフラム(15)の外周縁部を挟持するように弁本体(13)に連結されており、駆動部筐体(31)が導電性フッ素樹脂材料から形成されている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報