処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020204090 - 高温硬化用塗料、塗装金属素材、塗装方法及び塗装金属素材

公開番号 WO/2020/204090
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/015071
国際出願日 01.04.2020
IPC
B05D 7/14 2006.01
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
14金属に適用するもの,例.自動車車体
C09D 201/06 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
201不特定の高分子化合物に基づくコーティング組成物
02特定の基の存在によって特徴づけられるもの
06酸素原子を含むもの
B32B 15/08 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
C09D 7/61 2018.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
Dコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7グループC09D5/00に分類されない塗料組成物の特色;塗料組成物に成分を混合するためのプロセス
40添加物
60非高分子のもの
61無機物
出願人
  • 共栄社化学株式会社 KYOEISHA CHEMICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 森脇 佑也 MORIWAKI, Yuya
  • 浅田 耕資 ASADA, Kosuke
  • 呑海 克 DONKAI, Masaru
  • 竹中 直巳 TAKENAKA, Naomi
代理人
  • 特許業務法人タス・マイスター TASS MEISTER PATENT FIRM
優先権情報
PCT/JP2019/01483803.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COATING MATERIAL FOR HIGH TEMPERATURE CURING, COATING METAL MATERIAL, COATING METHOD, AND COATING METAL MATERIAL
(FR) MATÉRIAU DE REVÊTEMENT POUR DURCISSEMENT À HAUTE TEMPÉRATURE, MATÉRIAU MÉTALLIQUE DE REVÊTEMENT, PROCÉDÉ DE REVÊTEMENT ET MATÉRIAU MÉTALLIQUE DE REVÊTEMENT
(JA) 高温硬化用塗料、塗装金属素材、塗装方法及び塗装金属素材
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a coating material which is for high temperature curing and which undergoes transesterification as a curing reaction. This coating material for high temperature curing is characterized by containing a transesterification catalyst (B) and a resin component (A) having a hydroxyl group and an alkyl ester group.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'un matériau de revêtement qui est destiné à un durcissement à haute température et qui subit une transestérification en tant que réaction de durcissement. Ce matériau de revêtement pour durcissement à haute température est caractérisé en ce qu'il contient un catalyseur de transestérification (B) et un composant en résine (A) qui at un groupe hydroxyle et un groupe ester alkylique.
(JA)
本発明の課題は、エステル交換反応を硬化反応とする高温硬化用塗料を提供することである。アルキルエステル基及び水酸基を有する樹脂成分(A)及びエステル交換触媒(B)を含有することを特徴とする高温硬化用塗料。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報