処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020204068 - すべり軸受、クランクシャフトの支持構造

公開番号 WO/2020/204068
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/015012
国際出願日 01.04.2020
IPC
F02F 7/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
7ケーシング,例.クランク室
F16C 9/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
9クランク軸受または連接棒軸受;連接棒の付属品
02クランク軸受
F16C 17/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17専ら回転運動のためのすべり軸受
02ラジアル荷重のみ用
F16C 33/10 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
02すべり軸受の部品
04軸受金;ブッシュ;ライニング
06おもに金属で作られたすべり面
10潤滑に関する構造
出願人
  • 大豊工業株式会社 TAIHO KOGYO CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 後藤 保明 GOTO, Yasuaki
代理人
  • 山田 強 YAMADA, Tsuyoshi
優先権情報
2019-07227304.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SLIDING BEARING, AND CRANKSHAFT SUPPORT STRUCTURE
(FR) PALIER LISSE ET STRUCTURE DE SUPPORT DE VILEBREQUIN
(JA) すべり軸受、クランクシャフトの支持構造
要約
(EN)
This sliding bearing (40) is formed by a pair of split bearings (41a, 42a). The thickness (T2) at the circumferentially central position (P2) of one (42a) of the split bearings is greater than the thickness (T1) at the circumferentially central position of the other bearing (41a). By reducing the thickness of the other bearing (41a) the further from the circumferentially central position and towards an end surface (51), the thickness of the end surface (51) is set as the first thickness. By reducing the thickness of the one bearing (42a) the further from the circumferentially central position and towards an end surface (61), the thickness of the end surface (61) is set as the second thickness. The first thickness and the second thickness are made equal.
(FR)
Ce palier lisse (40) est formé par une paire de paliers fendus (41a, 42a). L'épaisseur (T2) au niveau de la position centrale circonférentielle (P2) d'un (42a) des paliers fendus est supérieure à l'épaisseur (T1) au niveau de la position centrale circonférentielle de l'autre palier (41a). En réduisant l'épaisseur de l'autre palier (41a) plus loin de la position centrale circonférentielle et vers une surface d'extrémité (51), l'épaisseur de la surface d'extrémité (51) est définie en tant que première épaisseur. En réduisant l'épaisseur du palier (42a) plus loin de la position centrale circonférentielle et vers une surface d'extrémité (61), l'épaisseur de la surface d'extrémité (61) est définie en tant que seconde épaisseur. La première épaisseur et la seconde épaisseur sont rendues égales.
(JA)
すべり軸受(40)は、一組の分割軸受(41a,42a)により構成されている。各分割軸受のうち、一方の軸受(42a)の周方向における中央位置(P2)の厚み寸法(T2)が、他方の軸受(41a)の周方向における中央位置の厚み寸法(T1)よりも大きくされている。上記他方の軸受(41a)において、周方向の中央位置から端面(51)に向かうほど厚み寸法が小さくされていることにより、端面(51)の厚み寸法が第1厚み寸法とされている。上記一方の軸受(42a)において、周方向の中央位置から端面(61)に向かうほど厚み寸法が小さくされていることにより、端面(61)の厚み寸法が第2厚み寸法とされている。第1厚み寸法と第2厚み寸法とは等しくされている。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報