処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203890 - 複合繊維、その製造方法、熱接着不織布、吸収性物品用表面シート、および吸収性物品

公開番号 WO/2020/203890
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/014325
国際出願日 27.03.2020
IPC
D01F 8/14 2006.01
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
F人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛またはリボンの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
8複合,すなわち二または多成分の,人造フィラメントまたはその類似物;その製造
04合成重合体からのもの
14ポリエステルを少なくとも一成分とするもの
D01F 8/06 2006.01
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
F人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛またはリボンの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
8複合,すなわち二または多成分の,人造フィラメントまたはその類似物;その製造
04合成重合体からのもの
06ポリオレフィンを少なくとも一成分とするもの
D02J 1/22 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
Jフィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工
1特殊構造にもとづく構造または特性の改良;物理的形状または断面形状の改良,維持または回復,例.ダイスまたは圧搾ローラの使用によるもの
22伸長または緊張,収縮または弛緩によるもの,例.オーバーフィード装置,アンダーフィード装置を使用するもの,または伸長を防止することによるもの
D04H 1/541 2012.01
D繊維;紙
04組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
54繊維を相互に溶着させることによるもの,例.部分的な溶融または溶解によるもの
541複合繊維,例.芯さや,海島またはサイドバイサイド;混合繊維
出願人
  • ダイワボウホールディングス株式会社 DAIWABO HOLDINGS CO., LTD. [JP]/[JP]
  • ダイワボウポリテック株式会社 DAIWABO POLYTEC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川上滋貴 KAWAKAMI Shigeki
  • 小出友哉 KOIDE Tomoya
  • 中村保紀 NAKAMURA Yasunori
  • 内海惠介 UTSUMI Keisuke
代理人
  • 特許業務法人池内アンドパートナーズ IKEUCHI & PARTNERS
優先権情報
2019-06781729.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITE FIBER, METHOD FOR MANUFACTURING SAME, THERMALLY BONDED NONWOVEN FABRIC, SURFACE SHEET FOR ABSORBENT ARTICLE, AND ABSORBENT ARTICLE
(FR) FIBRE COMPOSITE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, TISSU NON TISSÉ LIÉ THERMIQUEMENT, FEUILLE DE SURFACE POUR ARTICLE ABSORBANT, ET ARTICLE ABSORBANT
(JA) 複合繊維、その製造方法、熱接着不織布、吸収性物品用表面シート、および吸収性物品
要約
(EN)
The present invention pertains to a composite fiber wherein: a core component and a sheath component are arranged substantially concentrically; the ratio by volume of core component/sheath component is 30/70-70/30; the monofilament fineness is 0.6 dtex or more and less than 2.0 dtex; the core component contains 60 mass% or more of a polyester resin; the sheath component contains 60 mass% or more of a high-density polyethylene; the melt mass flow rate of the high-density polyethylene is more than 13 g/10 min and not more than 45 g/10 min; the crystallite size measured for [110] plane of the high-density polyethylene contained in the sheath component is 20.0-50.0 nm; and the fusion heat of the high-density polyethylene (ΔHPE-HD) measured by differential scanning calorimetry (DSC) is 145.0 mJ/mg or more.
(FR)
La présente invention concerne une fibre composite dans laquelle : un composant de noyau et un composant de gaine sont agencés de façon sensiblement concentrique ; le rapport par volume de composant de noyau / composant de gaine est de 30/70 à 70/30 ; la finesse de monofilament est de 0,6 dtex ou plus et inférieure à 2,0 dtex ; le composant de noyau contient 60 % en masse ou plus d'une résine de polyester ; le composant de gaine contient 60 % en masse ou plus d'un polyéthylène haute densité ; le débit massique fondu du polyéthylène haute densité est supérieur à 13 g/10 min et inférieur à 45 g/10 min ; la taille de cristallite mesurée pour le plan [110] du polyéthylène haute densité contenu dans le composant de gaine est de 20,0 à 50,0 nm ; et la chaleur de fusion du polyéthylène haute densité (ΔHPE-HD) mesurée par calorimétrie différentielle à balayage (DSC) est de 145,0 mJ/mg ou plus.
(JA)
本発明は、芯成分と鞘成分が実質的に同心円状に配置され、芯成分/鞘成分の体積比が30/70~70/30であり、単繊維繊度が0.6dtex以上2.0dtex未満であり、芯成分はポリエステル樹脂を60質量%以上含み、鞘成分は高密度ポリエチレンを60質量%以上含み、高密度ポリエチレンのメルトマスフローレイトが13g/10分より大きく45g/10分以下であり、鞘成分に含まれる高密度ポリエチレンの[110]面について測定した結晶子サイズが20.0~50.0nmであり、示差走査熱量分析(DSC)で測定した高密度ポリエチレンの融解熱量(ΔHPE-HD)が145.0mJ/mg以上である複合繊維に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報