処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203785 - 磁気記録媒体及びサーボ信号記録装置

公開番号 WO/2020/203785
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/014055
国際出願日 27.03.2020
IPC
G11B 5/584 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
48記録担体に相対的なヘッドの配置または取付け
58変換動作中におけるヘッドと記録担体との相対的な整列関係を維持するためにヘッドを動かす手段を有するもの,例.記録担体の表面不規則性またはトラック追従性を補償するためのもの
584テープ上のトラック追従のためのもの
G11B 5/70 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
62材料の選択によって特徴づけられる記録担体
68結合材料中に均一に混合された1以上の層の磁性粒子からなるもの
70ベース層上に設けられたもの
G11B 5/706 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
62材料の選択によって特徴づけられる記録担体
68結合材料中に均一に混合された1以上の層の磁性粒子からなるもの
70ベース層上に設けられたもの
706磁性材料の組成によって特徴づけられるもの
G11B 5/78 2006.01
G物理学
11情報記憶
B記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
5記録担体の磁化または減磁による記録;磁気的手段による再生;そのための記録担体
74形状によって特徴づけられた記録担体,例.ドラムの周りに巻き付けられるように形成されたシート
78テープ状担体
出願人
  • ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 立花 淳一 TACHIBANA, Junichi
  • 関口 昇 SEKIGUCHI, Noboru
代理人
  • 大森 純一 OMORI, Junichi
優先権情報
2019-06920629.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MAGNETIC RECORDING MEDIUM AND SERVO SIGNAL RECORDING DEVICE
(FR) SUPPORT D'ENREGISTREMENT MAGNÉTIQUE ET DISPOSITIF D'ENREGISTREMENT DE SIGNAL D'ASSERVISSEMENT
(JA) 磁気記録媒体及びサーボ信号記録装置
要約
(EN)
A magnetic recording medium according to an embodiment of the present technology is a tape-form magnetic recording medium comprising a magnetic layer having a servo band on which a servo signal is recorded. If Sq is defined as the squareness ratio in the vertical direction of the magnetic layer, F0(p-p) is defined as the peak-to-peak value of a first magnetic force gradient strength as observed with a magnetic force microscope when a servo signal is saturation-recorded on the magnetic layer, and Fact.(p-p) is defined as the peak-to-peak value of a second magnetic force gradient strength, as observed with a magnetic force microscope, of the servo signal recorded on the servo band, an index expressed by Sq×Fact.(p-p)/F0(p-p) is 0.42 or greater.
(FR)
Un support d'enregistrement magnétique selon un mode de réalisation de la présente invention est un support d'enregistrement magnétique en forme de bande comprenant une couche magnétique comprenant une bande d'asservissement sur laquelle un signal d'asservissement est enregistré. Si Sq est défini comme étant le rapport de rectitude dans la direction verticale de la couche magnétique, F0(p-p) est définie comme étant la valeur de crête à crête d'une première intensité de gradient de force magnétique telle qu'observée avec un microscope à force magnétique lorsqu'un signal d'asservissement est enregistré en saturation sur la couche magnétique, et Fact.(P-p) est définie comme étant la valeur de crête à crête d'une seconde intensité de gradient de force magnétique, telle qu'observée avec un microscope à force magnétique, du signal d'asservissement enregistré sur la bande d'asservissement, un indice exprimé par Sq×Fact.(p-p)/F0(p-p) est de 0,42 ou plus.
(JA)
本技術の一形態に係る磁気記録媒体は、サーボ信号が記録されるサーボバンドを有する磁性層を具備するテープ状の磁気記録媒体である。前記磁性層の垂直方向の角形比をSq、前記磁性層にサーボ信号を飽和記録させたときに磁気力顕微鏡で観察される第1の磁気力勾配強度のpeak-to-peak値をF0(p-p)、前記サーボバンドに記録されたサーボ信号についての磁気力顕微鏡で観察される第2の磁気力勾配強度のpeak-to-peak値をFact.(p-p)としたとき、Sq×Fact.(p-p)/F0(p-p)で表される指標が0.42以上である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報