処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020203733 - コアシェル構造体、製剤、外用薬、テープ剤及び化粧品

公開番号 WO/2020/203733
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013934
国際出願日 27.03.2020
IPC
A61Q 19/00 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
Q化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19スキンケア剤
A61K 9/06 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
06軟膏;軟膏基剤
A61K 9/50 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
48カプセル製剤,例.ゼラチン製のもの,チョコレート製のもの
50マイクロカプセル
A61K 9/70 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
70布,シートまたは繊条基材
A61L 15/20 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
20有機物質を含有するもの
A61L 15/44 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
L材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
15包帯,被覆用品,または吸収性パッドの化学的事項または材料の使用
16尿または血液のような生理学上の体液のための包帯,被覆用品または吸収性パッド,例.月経帯,タンポン
42それらの機能または物質的性質に特徴のある材料の使用
44薬剤
出願人
  • 積水化学工業株式会社 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川村 大地 KAWAMURA, Daichi
  • 松本 泉 MATSUMOTO, Izumi
  • 赤峰 隆之 AKAMINE, Takayuki
  • 利根 紗織 TONE, Saori
  • 中村 雄太 NAKAMURA, Yuuta
  • 李 艶 LI, Yan
  • 岡本 尚毅 OKAMOTO, Naoki
代理人
  • 特許業務法人 宮▲崎▼・目次特許事務所 MIYAZAKI & METSUGI
優先権情報
2019-06751729.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CORE-SHELL STRUCTURE, PREPARATION, MEDICINE FOR EXTERNAL APPLICATION, TAPE AGENT AND COSMETIC PRODUCT
(FR) STRUCTURE CŒUR-ÉCORCE, SA PRÉPARATION, MÉDICAMENT POUR APPLICATION EXTERNE, AGENT POUR BANDE ET PRODUIT COSMÉTIQUE
(JA) コアシェル構造体、製剤、外用薬、テープ剤及び化粧品
要約
(EN)
The present invention provides a core-shell structure which enables the achievement of a good balance between improvement of percutaneous absorption of an active ingredient and decrease of skin irritancy at high levels. A core-shell structure 10 which is provided with a core part 11 that contains an active ingredient and a shell part 12 that contains both a first surfactant having a melting point of less than 35°C and a second surfactant having a melting point of 35°C or more, wherein: the core part is in a solid state; the respective HLB values of the first surfactant and the second surfactant are 4-14; and the first surfactant and the second surfactant respectively contain at least one compound that is selected from the group consisting of a sorbitan fatty acid ester, a glycerol fatty acid ester, a propylene glycol fatty acid ester and a fatty acid alkanolamide.
(FR)
La présente invention concerne une structure cœur-écorce qui permet d'obtenir un bon équilibre entre l'amélioration de l'absorption percutanée d'un principe actif et la diminution de l'irritation cutanée à des niveaux élevés. L'invention concerne une structure cœur-écorce (10) qui est pourvue d'une partie cœur (11) qui contient un principe actif et une partie enveloppe (12) qui contient à la fois un premier tensioactif ayant un point de fusion inférieur à 35 °C et un second tensioactif ayant un point de fusion de 35 °C ou plus, dans lequel : la partie cœur est à l'état solide ; les valeurs de HLB respectives du premier tensioactif et du second tensioactif étant de 4 à 14 ; et le premier tensioactif et le second tensioactif contenant respectivement au moins un composé qui est choisi dans le groupe constitué par un ester d'acide gras de sorbitan, un ester d'acide gras de glycérol, un ester d'acide gras de propylène glycol et un alcanolamide d'acide gras.
(JA)
有効成分の経皮吸収性の向上と、皮膚刺激性の低減とを高いレベルで両立することができる、コアシェル構造体を提供する。 有効成分を含有する、コア部11と、融点が35℃未満である第1の界面活性剤及び融点が35℃以上である第2の界面活性剤の双方を含有する、シェル部12と、を備え、コア部が固体であり、第1の界面活性剤及び第2の界面活性剤のHLB値が、それぞれ、4~14であり、第1の界面活性剤及び第2の界面活性剤が、それぞれ、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、プロピレングリコール脂肪酸エステル、及び脂肪酸アルカノールアミドからなる群から選択される少なくとも1種を含む、コアシェル構造体10。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報