処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203732 - 食品の冷凍装置及び食品の冷凍方法並びに冷凍食品

公開番号 WO/2020/203732
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013933
国際出願日 27.03.2020
IPC
A23L 3/36 2006.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
3食品または食料品の保存一般,例.食品または食料品に特に適した殺菌,減菌
36冷凍;その後の解凍;冷却
F25D 13/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
D冷蔵庫,冷凍室,アイス・ボックス,他のサブクラスに包含されない冷蔵または冷凍器具
13冷凍機械と関連した固定式の装置,例.冷却室
F25D 13/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
D冷蔵庫,冷凍室,アイス・ボックス,他のサブクラスに包含されない冷蔵または冷凍器具
13冷凍機械と関連した固定式の装置,例.冷却室
06冷却される物品を冷却空間へ通すためのコンベヤを有するもの
A23L 7/10 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
7穀類誘導製品;モルト製品;それらの調製または処理
10穀類誘導製品
A23L 7/109 2016.01
A生活必需品
23食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
LA21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
7穀類誘導製品;モルト製品;それらの調製または処理
10穀類誘導製品
109パスタ型のもの,例.マカロニまたはヌードル
F25C 1/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
C氷の製造,作業または取扱い
1氷の製造
出願人
  • ブランテック株式会社 BLANCTEC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 廣兼 美雄 HIROKANE, Yoshio
代理人
  • 伊藤 温 ITOH, Atsushi
優先権情報
2019-06791329.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FOOD FREEZING DEVICE, FOOD FREEZING METHOD AND FROZEN FOOD
(FR) DISPOSITIF DE CONGÉLATION D'ALIMENTS, PROCÉDÉ DE CONGÉLATION D'ALIMENTS ET ALIMENT CONGELÉ
(JA) 食品の冷凍装置及び食品の冷凍方法並びに冷凍食品
要約
(EN)
[Problem] To provide a food freezing device, whereby, when a food such as a cooked rice food or noodles is quickly frozen, the taste before the quick-freezing can be maintained, a food freezing method and a frozen food. [Solution] The food freezing device 400 according to the present invention comprises: a freezing tank 410 for pooling an ice slurry S while keeping at -10°C or lower; a hanger 431 for retaining a food F to be frozen, said food containing α-starch, within the ice slurry S pooled in the freezing tank 410; an ice slurry-supplying means (420, 450, 456 and 300) for supplying the ice slurry into the freezing tank 410; and a flowing means (130) for flowing the ice slurry in such a manner that the ice slurry S collides at a definite relative speed or higher with the food F to be frozen. The food F to be frozen is a food containing a large amount of α-starch, namely, a cooked rice food such as nigiri-zushi or noodles such as udon.
(FR)
L’invention a pour but de fournir un dispositif de congélation d'aliments grâce auquel, lorsqu'un aliment tel qu'un aliment à base de riz cuit ou des nouilles est surgelé, le goût avant la surgélation peut être conservé, un procédé de congélation d'aliments et un aliment congelé. La solution selon la présente invention porte sur un dispositif de congélation d'aliments (400) qui comprend : un réservoir de congélation (410) destiné à accumuler un coulis de glace (S) tout en le maintenant à -10 °C ou moins ; un dispositif de suspension (431) destiné à retenir un aliment (F) à congeler, ledit aliment contenant de l'α-amidon, à l'intérieur du coulis de glace (S) accumulé dans le réservoir de congélation (410) ; un moyen d'approvisionnement en coulis de glace (420, 450, 456 and 300) destiné à approvisionner le coulis de glace dans le réservoir de congélation (410) ; et un moyen d'écoulement (130) destiné à faire circuler le coulis de glace de telle sorte que le coulis de glace (S) entre en collision à une vitesse relative définie ou supérieure avec l'aliment (F) à congeler. L'aliment (F) à congeler est un aliment contenant une grande quantité d'α-amidon, à savoir, un aliment à base de riz cuit tel que des nigiri-sushi ou des nouilles telles que des udon.
(JA)
【課題】米飯食品や麺類等の食品を急速冷凍しても、急速冷凍前のような食味が得られるようにした食品の冷凍装置及び食品の冷凍方法並びに冷凍食品を提供する。 【解決手段】本発明の食品の冷凍装置400は、氷スラリーSを-10℃以下に維持した状態で貯留する冷凍槽410と、αデンプンを含む被冷凍食品Fを前記冷凍槽410に貯留された氷スラリーS内に保持させるハンガー431と、冷凍槽410内に氷スラリーを供給する氷スラリー供給手段(420,450,456,300)と、被冷凍食品Fに対して氷スラリーSが所定の相対速度以上で衝突するように氷スラリーを流動させる流動手段(130)と、を備えている。被冷凍食品Fは、αデンプンを多く含むにぎり寿司等の米飯食品又はうどん等の麺類である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報