処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203730 - フラックス及びソルダペースト

公開番号 WO/2020/203730
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013920
国際出願日 27.03.2020
IPC
C22C 13/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
13すず基合金
C22C 13/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
13すず基合金
02次に多い成分としてアンチモンまたはビスマスを含むもの
B23K 35/26 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22材料の組成または性質を特徴とするもの
24適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
26主成分が400°C以下の融点をもつもの
B23K 35/363 2006.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22材料の組成または性質を特徴とするもの
36非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
362フラックス組成物の選定
363ハンダ付けまたはろうづけ用のもの
出願人
  • 千住金属工業株式会社 SENJU METAL INDUSTRY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川▲崎▼ 浩由 KAWASAKI Hiroyoshi
  • 白鳥 正人 SHIRATORI Masato
  • 川又 勇司 KAWAMATA Yuji
代理人
  • 及川 周 OIKAWA Shu
  • 五十嵐 光永 IGARASHI Koei
  • 服部 映美 HATTORI Emi
優先権情報
2019-06833829.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUX AND SOLDER PASTE
(FR) FLUX, ET PÂTE À BRASER
(JA) フラックス及びソルダペースト
要約
(EN)
A flux which can be used in a solder paste comprising the flux and a metal powder, the flux containing 0.5 to 20.0 wt% inclusive of a (2-carboxyalkyl) isocyanurate adduct and 5.0 to 45.0 wt% inclusive of rosin and further containing a solvent. The (2-carboxyalkyl) isocyanurate adduct comprises any one of a mono(2-carboxyalkyl) isocyanurate adduct, a bis(2-carboxyalkyl) isocyanurate adduct and a tris(2-carboxyalkyl) isocyanurate adduct or a combination of two or more of these adducts.
(FR)
L'invention concerne un flux qui est mis en œuvre dans une pâte à braser qui contient un flux et une poudre de métal. Le flux contient 0,5% en poids ou plus à 20,0% en poids ou moins d'un adduit d'un acide isocyanurique (2-carboxyalkyle), et 5,0% en poids ou plus à 45,0% en poids ou moins d'une colophane, et contient en outre un solvant. L'adduit d'acide isocyanurique (2-carboxyalkyle) consiste soit en un adduit parmi un adduit acide isocyanurique mono(2-carboxyalkyle), un adduit acide isocyanurique bis(2-carboxyalkyle) ou un adduit acide isocyanurique tris(2-carboxyalkyle), soit en une combinaison de deux éléments ou plus.
(JA)
フラックスと、金属粉とを含むソルダペーストに用いられるフラックスにおいて、フラックスは、イソシアヌル酸(2-カルボキシアルキル)付加体を0.5wt%以上20.0wt%以下、ロジンを5.0wt%以上45.0wt%以下含み、さらに溶剤を含む。イソシアヌル酸(2-カルボキシアルキル)付加体は、イソシアヌル酸モノ(2-カルボキシアルキル)付加体、イソシアヌル酸ビス(2-カルボキシアルキル)付加体、イソシアヌル酸トリス(2-カルボキシアルキル)付加体のいずれか、あるいは2種以上の組み合わせである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報