処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203719 - 不織布及びこれを用いたフィルター

公開番号 WO/2020/203719
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013894
国際出願日 27.03.2020
IPC
D04H 1/541 2012.01
D繊維;紙
04組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
54繊維を相互に溶着させることによるもの,例.部分的な溶融または溶解によるもの
541複合繊維,例.芯さや,海島またはサイドバイサイド;混合繊維
B01D 39/16 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
39液体またはガス状流体用ろ過材
14その他の自己支持ろ過材
16有機物製のもの,例.合成繊維
B01D 46/00 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
46ガスまたは蒸気から分散粒子を分離するために特に改良されたろ過機またはろ過工程
D04H 1/55 2012.01
D繊維;紙
04組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
54繊維を相互に溶着させることによるもの,例.部分的な溶融または溶解によるもの
542接着繊維
55ポリエステル
F24F 7/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24加熱;レンジ;換気
F空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
7換気
04ダクト系統をもつもの
06強制空気循環手段をもつもの,例.扇風機によるもの
出願人
  • 東洋アルミエコープロダクツ株式会社 TOYO ALUMINIUM EKCO PRODUCTS CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 足立 将司 ADACHI Masashi
  • 山岸 拓人 YAMAGISHI Takuto
代理人
  • 葛西 泰二 KASSAI Yasuji
  • 葛西 さやか KASSAI Sayaka
  • 山本 英明 YAMAMOTO Hideaki
  • 山本 直樹 YAMAMOTO Naoki
優先権情報
2019-06567429.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) NONWOVEN FABRIC AND FILTER USING SAME
(FR) NON-TISSÉ ET FILTRE L'UTILISANT
(JA) 不織布及びこれを用いたフィルター
要約
(EN)
A nonwoven fabric main body (11) that constitute a nonwoven fabric (1) according to the present invention is composed by integrating composite polyester fibers (2) and flame-retardant acrylic fibers (3) which serve as other fibers making up the balance. The composite polyester fibers (2) have a sheath-core structure wherein a sheath part (4) is composed of a low-melting-point polyester and a core part (5) is composed of a high-melting-point polyester that has a higher melting point than the low-melting-point polyester. The composite polyester fibers (2) are contained in an amount of 15-80% by weight in a total of 100% by weight of the nonwoven fabric main body (11). The apparent density of the nonwoven fabric main body (11) ((weight of nonwoven fabric main body)/(thickness of nonwoven fabric main body)) is from 0.005 g/cm3 to 0.040 g/cm3. In addition, the bending resistance of the nonwoven fabric main body (11) in the flow direction of the fibers is 50-220 mN∙cm, while the bending resistance in a direction that is orthogonal to the flow direction is 20-140 mN∙cm.
(FR)
La présente invention concerne un corps principal de non-tissé (11) qui constitue un non-tissé (1) et qui est composé en intégrant des fibres de polyester composite (2) et des fibres acryliques ignifuges (3) qui servent d'autres fibres constituant l'équilibre. Les fibres de polyester composite (2) possèdent une structure gaine-âme dans laquelle une partie gaine (4) est composée d'un polyester à bas point de fusion et une partie âme (5) est composée d'un polyester à haut point de fusion dont le point de fusion est plus élevé que celui du polyester à bas point de fusion. La teneur des fibres de polyester composite (2) va de 15 à 80 % massiques pour un total de 100 % massiques du corps principal de non-tissé (11). La masse volumique du corps principal de non-tissé (11) ((poids du corps principal de non-tissé)/(épaisseur du corps principal de non-tissé)) va de 0,005 g/cm3 à 0,040 g/cm3. De plus, la résistance à la flexion du corps principal de non-tissé (11) dans la direction du flux des fibres va de 50 à 220 mN∙cm, tandis que la résistance à la flexion dans une direction qui est orthogonale à direction du flux va de 20 à 140 mN∙cm.
(JA)
不織布(1)を構成する不織布本体(11)は、複合ポリエステル繊維(2)と、残部の他の繊維としての難燃性アクリル繊維(3)とが一体化されて構成されている。複合ポリエステル繊維(2)は、鞘部(4)を低融点ポリエステルとし、芯部(5)を低融点ポリエステルよりも融点の高い高融点ポリエステルとした芯鞘構造を有する。不織布本体(11)の総量100重量%において複合ポリエステル繊維(2)は15~80重量%含まれる。又、不織布本体(11)のみかけ密度((不織布本体の目付)/(不織布本体の厚み))は0.005g/cm~0.040g/cmである。更に、不織布本体(11)の繊維の流れ方向の剛軟度は50~220mN・cmであり、この流れ方向に直交する方向である幅方向の剛軟度は20~140mN・cmである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報