処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203716 - 多孔質膜

公開番号 WO/2020/203716
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013889
国際出願日 27.03.2020
IPC
B01D 69/02 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
69形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
02それらの特性に特徴のあるもの
B01D 69/08 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
69形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
08中空繊維膜
B01D 69/10 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
69形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
10支持膜;膜支持体
B01D 69/12 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
69形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
12複合膜;超薄膜
B01D 71/40 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
71材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06有機材料
40不飽和酸の重合体またはそれらの誘導体,例.塩,アミド,イミド,ニトリル,無水物,エステル
B01D 71/68 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
71材料に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
06有機材料
66主鎖に窒素,酸素または炭素のみを有しまたは有せずに硫黄を含有する重合体
68ポリスルホン;ポリエーテルスルホン
出願人
  • 旭化成メディカル株式会社 ASAHI KASEI MEDICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 高園 康隼 TAKAZONO, Yasutaka
  • 小室 雅廉 KOMURO, Masayasu
代理人
  • 稲葉 良幸 INABA, Yoshiyuki
  • 大貫 敏史 ONUKI, Toshifumi
  • 内藤 和彦 NAITO, Kazuhiko
優先権情報
2019-06520629.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) POROUS MEMBRANE
(FR) MEMBRANE POREUSE
(JA) 多孔質膜
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing a porous membrane in which the phenomenon of membranes fusing to each other (membrane sticking) during manufacture of the porous membrane is reduced. The problem can be solved by a porous membrane containing a hydrophobic polymer and a hydrophilic polymer, wherein the average value T of the ratio of the hydrophilic polymer-derived ion count relative to the hydrophobic polymer-derived ion count, when the surface of the porous membrane is measured by Time-of-Flight Secondary Ion Mass Spectrometry (TOF-SIMS), is 1.0 ≤ T.
(FR)
La présente invention aborde le problème de la fourniture d'une membrane poreuse dans laquelle le phénomène de fusion des membranes l'un par rapport à l'autre (collage de membrane) pendant la fabrication de la membrane poreuse est réduit. Le problème peut être résolu par une membrane poreuse contenant un polymère hydrophobe et un polymère hydrophile, la valeur moyenne T du rapport du nombre d'ions dérivé de polymère hydrophile par rapport au nombre d'ions dérivé de polymère hydrophobe, lorsque la surface de la membrane poreuse est mesurée par Spectrométrie de Masse d'Ions Secondaires à Temps de Vol (TOF-SIMS), est de 1,0 ≤ T.
(JA)
多孔質膜の製造時に膜同士が固着する現象(膜付き)が低減された多孔質膜を提供することを課題とする。前記課題は、疎水性高分子と親水性高分子を含む多孔質膜であって、飛行時間型二次イオン質量分析法(TOF-SIMS)により前記多孔質膜の表面を測定した場合の、前記疎水性高分子由来のイオンのカウント数に対する前記親水性高分子由来のイオンのカウント数の比の平均値Tが、1.0≦Tである、前記多孔質膜によって解決することができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報