処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203713 - マトリックス組成物

公開番号 WO/2020/203713
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013882
国際出願日 27.03.2020
IPC
A01K 67/027 2006.01
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
K畜産;鳥,魚,昆虫の飼育;漁業;他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
67他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
027新規な脊椎動物
C12M 1/00 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M酵素学または微生物学のための装置
1酵素学または微生物学のための装置
C12M 3/00 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M酵素学または微生物学のための装置
3組織,ヒト,動物または植物細胞,あるいはウイルスの培養装置
C12N 5/071 2010.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5ヒト,動物または植物の細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07動物細胞または組織
071脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
C12P 21/02 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21ペプチドまたは蛋白質の製造
022以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人
  • 公立大学法人横浜市立大学 PUBLIC UNIVERSITY CORPORATION YOKOHAMA CITY UNIVERSITY [JP]/[JP]
  • 武田薬品工業株式会社 TAKEDA PHARMACEUTICAL COMPANY LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 武部 貴則 TAKEBE Takanori
  • 佐伯 憲和 SAIKI Norikazu
代理人
  • 大野 聖二 OHNO Seiji
  • 梅田 慎介 UMEDA Shinsuke
  • 今野 智介 IMANO Tomoyuki
優先権情報
2019-06604829.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) MATRIX COMPOSITION
(FR) COMPOSITION DE MATRICE
(JA) マトリックス組成物
要約
(EN)
The present invention provides a means for producing an organoid capable of secretion of plasma proteins, immune response, etc., in a manner close to that of an organ in a living body. As such a means, this matrix composition includes: (1) a first matrix that includes one or more cells selected from the group comprising vascular cells, nerve cells, and blood cells; (2) a second matrix that includes cells constituting an organ, and/or an organoid, and here, the first matrix encapsulates the second matrix, and the first matrix has at least one opening.
(FR)
La présente invention concerne un moyen de production d'un organoïde apte à sécréter des protéines plasmatiques, une réponse immunitaire, etc, d'une manière proche de celle d'un organe dans un corps vivant. À cet effet, la présente composition de matrice comprend : (1) une première matrice qui comprend une ou plusieurs cellules choisies dans le groupe comprenant les cellules vasculaires, les cellules nerveuses et les cellules sanguines ; (2) une seconde matrice qui comprend des cellules constituant un organe, et/ou un organoïde, et selon l'invention, la première matrice encapsule la seconde matrice, et la première matrice comporte au moins une ouverture.
(JA)
本発明は、生体内の臓器に近く、血漿タンパク質の分泌活動や免疫応答が可能な、臓器オルガノイドを作製するための手段を提供する。そのような手段としての本発明のマトリックス組成物は、(1)脈管細胞、神経細胞および血液細胞からなる群から選ばれる1以上の細胞を含む、第一のマトリックス、および(2)臓器を構成する細胞および/または臓器オルガノイドを含む、第二のマトリックスを含む、マトリックス組成物であって、ここで、第一のマトリックスは第二のマトリックスを包み込み、第一のマトリックスは少なくとも1つの開口部を有する、マトリックス組成物である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報