処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203606 - 触媒製造用乾燥顆粒、触媒、及び化合物の製造方法

公開番号 WO/2020/203606
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013531
国際出願日 26.03.2020
IPC
B01J 23/887 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
23グループB01J21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70鉄族金属または銅に関するもの
76グループB01J23/02~B01J23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85クロム,モリブデンまたはタングステン
88モリブデン
887グループB01J23/02~B01J23/36までに分類される他の金属,酸化物または水酸化物をさらに含有するもの
C01G 53/00 2006.01
C化学;冶金
01無機化学
GサブクラスC01DまたはC01Fに包含されない金属を含有する化合物
53ニッケル化合物
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
C07C 45/35 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
45炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
27酸化によるもの
32分子状酸素を用いるもの
33CHx部分の
34不飽和化合物における
35プロペンまたはイソブテンにおける
C07C 47/22 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
47―CHO基をもつ化合物
20非環式炭素原子に結合している―CHO基をもつ不飽和化合物
21不飽和結合として炭素―炭素二重結合のみを有するもの
22アクロレイン;メタクロレイン
C07C 51/25 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
51カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
16酸化によるもの
21分子状酸素を用いるもの
256員芳香環を含有しない不飽和化合物の
出願人
  • 日本化薬株式会社 NIPPON KAYAKU KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 平岡 良太 HIRAOKA Ryota
  • 福永 誠一郎 FUKUNAGA Seiichiro
代理人
  • 特許業務法人 信栄特許事務所 SHIN-EI PATENT FIRM, P.C.
優先権情報
2019-06549529.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) DRIED GRANULES FOR CATALYST PRODUCTION, CATALYST, AND COMPOUND PRODUCTION METHOD
(FR) GRANULES SÉCHÉS POUR LA PRODUCTION DE CATALYSEUR, CATALYSEUR, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE COMPOSÉS
(JA) 触媒製造用乾燥顆粒、触媒、及び化合物の製造方法
要約
(EN)
A catalyst, wherein when a scanning electron microscope (SEM) with an accelerating voltage of 15 kV is used to obtain an SEM image of the catalyst at a magnification such that the maximum length of one particle in the vertical direction in the SEM image occupies 90% or more of the vertical length of the SEM image and the maximum length of one particle in the horizontal direction in the SEM image occupies 90% or more of the horizontal length of the SEM image, the concentration of bismuth (Bi) in white areas when the SEM image is binarized into black and white is larger than the value obtained by adding 2.5 times the value of the standard deviation σ1 of the Bi concentration in the black areas to the Bi concentration in the black areas.
(FR)
L'invention concerne également un catalyseur, dans lequel, lorsqu'un microscope électronique à balayage (SEM) avec une tension d'accélération de 15 kV est utilisée pour obtenir une image SEM du catalyseur à un grossissement tel que la longueur maximale d'une particule dans la direction verticale dans l'image SEM occupe 90 % ou plus de la longueur verticale de l'image SEM et la longueur maximale d'une particule dans la direction horizontale dans l'image SEM occupe 90 % ou plus de la longueur horizontale de l'image SEM, la concentration de bismuth (Bi) dans les zones blanches lorsque l'image SEM est binarisée en noir et blanc est supérieure à la valeur obtenue en ajoutant 2,5 fois la valeur de l'écart-type σ1 de la concentration de Bi dans Les zones noires à la concentration de Bi dans les zones noires.
(JA)
走査型電子顕微鏡(SEM)を用いて、加速電圧を15kVとし、SEM画像中での1粒子の縦方向の最大長さがSEM画像の縦方向の長さの90%以上を占め、SEM画像中での1粒子の横方向の最大長さがSEM画像の横方向の長さの90%以上を占める倍率で得られる触媒のSEM画像において、当該SEM画像を白黒に2値化した時の白色箇所のビスマス(Bi)濃度が、黒色箇所のBi濃度に黒色箇所のBi濃度の標準偏差σ1の2.5倍の値を加えた値よりも大きい、触媒。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報