処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203587 - 複合凝集体粒子、並びに、それを用いた吸着材、成形体および浄水器

公開番号 WO/2020/203587
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013482
国際出願日 25.03.2020
IPC
B01J 20/18 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
20固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02無機物からなるもの
10シリカまたはけい酸塩からなるもの
16アルミノけい酸塩
18合成ゼオライト分子ふるい
B01J 20/20 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
20固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02無機物からなるもの
20遊離炭素からなるもの;炭化工程によって得られた炭素からなるもの
B01J 20/28 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
20固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
28形態または物理的性質に特徴のあるもの
C02F 1/28 2006.01
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
28収着によるもの
出願人
  • 株式会社クラレ KURARAY CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川崎 修治 KAWASAKI, Shuji
  • 松永 修始 MATSUNAGA, Shuji
  • 花本 哲也 HANAMOTO, Tetsuya
  • 吉延 寛枝 YOSHINOBU, Hiroe
代理人
  • 小谷 昌崇 KOTANI, Masataka
  • 小谷 悦司 KOTANI, Etsuji
  • 宇佐美 綾 USAMI, Aya
優先権情報
2019-06565229.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COMPOSITE AGGREGATE PARTICLES, ADSORBENT USING SAME, MOLDED BODY AND WATER PURIFIER
(FR) PARTICULES D'AGRÉGAT COMPOSITE, ET MATÉRIAU ABSORBANT, CORPS MOULÉ AINSI QU'ÉPURATEUR D'EAU METTANT EN ŒUVRE CELLES-CI
(JA) 複合凝集体粒子、並びに、それを用いた吸着材、成形体および浄水器
要約
(EN)
One aspect of the present invention relates to composite aggregate particles which contain a fine particle compound (a1) that is composed of an amorphous titanosilicate compound or aluminosilicate compound, and a plastic powder (a2), and which is characterized in that: the plastic powder (a2) adheres to at least a part of the surface of the fine particle compound (a1); and the pore volume and the average particle diameter D50 of the composite aggregate particles satisfy the formula below. Pore volume (ml/g) ≥ 0.0010 × D50 (μm) + 1.60
(FR)
Selon un aspect, l'invention concerne des particules d'agrégat composite qui contiennent un composé de microparticules (a1) constitué d'un composé titanosilicate amorphe ou d'un composé aluminosilicate, et une poudre de plastiques (a2). Ces particules d'agrégat composite sont caractéristiques en ce que ladite poudre de plastiques (a2) est en adhésion sur au moins une partie de la surface dudit composé de microparticules (a1), et en ce que le volume poreux et le diamètre particulaire moyen (D50) desdites particules d'agrégat composite satisfont la formule suivante. Volume poreux (ml/g)≧0,0010×D50(μm)+1,60
(JA)
本発明の一局面は、非晶質チタノシリケート化合物又はアルミノシリケート化合物からなる微粒子化合物(a1)と、プラスチック粉末(a2)とを含む、複合凝集体粒子であって、前記プラスチック粉末(a2)が前記微粒子化合物(a1)の表面の少なくとも一部に付着していること、並びに、前記複合凝集体粒子の細孔体積と平均粒子径D50が次式を満たしていることを特徴とする、複合凝集体粒子に関する。 細孔体積(ml/g)≧0.0010×D50(μm)+1.60
国際事務局に記録されている最新の書誌情報