処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203487 - 蛍光体粉末、複合体および発光装置

公開番号 WO/2020/203487
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013108
国際出願日 24.03.2020
IPC
C09K 11/64 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
64アルミニウムを含むもの
H01L 33/50 2010.01
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
50波長変換要素
C09K 11/08 2006.01
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08無機発光性物質を含有するもの
出願人
  • デンカ株式会社 DENKA COMPANY LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 野見山 智宏 NOMIYAMA Tomohiro
  • 武田 雄介 TAKEDA Yusuke
  • 山浦 太陽 YAMAURA Taiyo
  • 奥園 達也 OKUZONO Tatsuya
  • 宮崎 勝 MIYAZAKI Masaru
  • 渡邉 真太郎 WATANABE Shintaro
代理人
  • 速水 進治 HAYAMI Shinji
優先権情報
2019-06910929.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FLUORESCENT POWDER, COMPLEX, AND LIGHT EMISSION DEVICE
(FR) POUDRE FLUORESCENTE, COMPLEXE ET DISPOSITIF ÉLECTROLUMINESCENT
(JA) 蛍光体粉末、複合体および発光装置
要約
(EN)
One mode of the present invention is a fluorescent powder comprising α-sialon fluorescent particles containing Eu. Regarding the fluorescent powder, when the internal quantum efficiency after being retained at 600°C for 1 hour in an atmospheric environment is defined as P1 and the internal quantum efficiency after being retained at 700°C for 1 hour in an atmospheric environment is defined as P2, P1 is 70% or more and (P1-P2)/P1×100 equals 2.8% or less.
(FR)
Un mode de la présente invention concerne une poudre fluorescente comprenant des particules fluorescentes d'α-sialon contenant de l'Eu. En ce qui concerne la poudre fluorescente, lorsque le rendement quantique interne après qu'elle a été maintenue à 600 °C pendant 1 heure dans un environnement atmosphérique est appelé P1 et que le rendement quantique interne après qu'elle a été maintenue à 700 °C pendant 1 heure dans un environnement atmosphérique est appelé P2, P1 est supérieur ou égal à 70 % et (P1 - P2)/P1 × 100 est inférieur ou égal à 2,8 %.
(JA)
本発明のある態様は、Euを含有するα型サイアロン蛍光体粒子からなる蛍光体粉末である。当該蛍光体粉末は、大気雰囲気下で600℃で1時間保持した後の内部量子効率をP1とし、大気雰囲気下で700℃で1時間保持した後の内部量子効率をP2としたとき、P1が70%以上であり、かつ、(P1-P2)/P1×100が2.8%以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報