処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203432 - 水着

公開番号 WO/2020/203432
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012828
国際出願日 24.03.2020
IPC
D02G 3/38 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
G繊維,フィラメント,糸またはより糸の巻縮処理;糸またはより糸
3糸またはより糸,例.飾り糸;他の類に分類されない糸またはより糸を製造するための方法および装置
22構造に特徴のある糸またはより糸
38繊維,フィラメント,または糸が他の糸またはフィラメントで巻かれているより糸
D01F 6/94 2006.01
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
F人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛またはリボンの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
6合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
88縮重合生成物を主成分とした他の重合体または低分子量化合物との混合物からのもの
94他の縮重合生成物を主成分とするもの
A41D 7/00 2006.01
A生活必需品
41衣類
D外着;保護衣;付属品
7入浴着;水泳着,水泳パンツ;海浜着
D06M 15/643 2006.01
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19合成高分子化合物によるもの
37炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
643主鎖にけい素を含有するもの
出願人
  • 美津濃株式会社 MIZUNO CORPORATION [JP]/[JP]
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 鈴木克哉 SUZUKI Katsuya
  • 田中利宏 TANAKA Toshihiro
  • 上林達昭 KANBAYASHI Tatsuaki
  • 松永桂一郎 MATSUNAGA Keiichirou
  • 柄澤留美 KARASAWA Rumi
  • 笠原敬子 KASAHARA Keiko
  • 田中啓之 TANAKA Hiroyuki
  • 水口愛 MINAKUCHI Ai
代理人
  • 特許業務法人池内アンドパートナーズ IKEUCHI & PARTNERS
優先権情報
2019-06982801.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SWIM SUIT
(FR) MAILLOT DE BAIN
(JA) 水着
要約
(EN)
A swim suit 23 which comprises a polyurethane elastic yarn, and which is configured such that: the polyurethane elastic yarn contains 0.5-10% by mass of a cationic high molecular weight compound A that has a number average molecular weight of 2,000 or more, while containing an inorganic chlorine deterioration inhibitor B; the (cationic high molecular weight compound A)/(inorganic chlorine deterioration inhibitor B) mass ratio is within the range of 0.3-3; the polyurethane elastic yarn is provided with a silicone-based oil; and the swim suit fabric has been subjected to a water repellent treatment. It is preferable that the swim suit 23 contains a polyurethane elastic yarn that has a fluorine (F)/carbon (C) ratio of 0.030 or more in the elemental mass concentration on the polyurethane elastic yarn as determined by scanning electron microscope-energy dispersive X-ray spectroscopy (SEM-EDX). Consequently, the present invention provides a swim suit which has high water repellency, low water absorptiveness and high buoyancy.
(FR)
La présente invention concerne un maillot de bain (23) qui comprend un fil élastique en polyuréthane, et qui est conçu de telle sorte que: le fil élastique de polyuréthane contient 0,5 à 10 % en masse d'un composé cationique de poids moléculaire élevé A qui a un poids moléculaire moyen en nombre de 2 000 ou plus, tout en contenant un inhibiteur de détérioration de chlore inorganique B ; le rapport de masse (composé cationique de poids moléculaire élevé A)/(inhibiteur de détérioration de chlore inorganique B) se trouve dans la plage de 0,3 à 3 ; le fil élastique de polyuréthane est pourvu d'une huile à base de silicone ; et le tissu de maillot de bain a été soumis à un traitement hydrofuge. Il est préférable que le maillot de bain (23) contienne un fil élastique de polyuréthane qui présente un rapport fluor (F)/carbone (C) de 0,030 ou plus dans la concentration de masse élémentaire sur le fil élastique de polyuréthane telle que déterminée par spectroscopie de rayons X à dispersion d'énergie de microscope électronique à balayage (MEB-EDX). Par conséquent, la présente invention concerne un maillot de bain qui présente un caractère hydrofuge élevé, une faible absorption d'eau et une flottabilité élevée.
(JA)
ポリウレタン弾性糸を含む水着23であって、前記ポリウレタン弾性糸は、数平均分子量が2000以上のカチオン性高分子量化合物Aを0.5~10質量%の範囲で含有し、無機系塩素劣化防止剤Bを含有し、前記カチオン性高分子量化合物A/前記無機系塩素劣化防止剤Bの質量比率が0.3~3の範囲を満たし、かつシリコーン系油剤が付与されており、前記水着生地は撥水加工されている。前記水着23は、ポリウレタン弾性糸上の走査型電子顕微鏡-エネルギー分散型X線分光法(SEM-EDX)の元素質量濃度において、フッ素(F)/炭素(C)比が0.030以上であるポリウレタン弾性糸を含むことが好ましい。これにより、高い撥水性、低保水率、高い浮力を有する水着を提供する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報