処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203390 - 炭素繊維前駆体繊維束およびその製造方法

公開番号 WO/2020/203390
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012605
国際出願日 23.03.2020
IPC
D02J 1/00 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
Jフィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工
1特殊構造にもとづく構造または特性の改良;物理的形状または断面形状の改良,維持または回復,例.ダイスまたは圧搾ローラの使用によるもの
D01F 6/18 2006.01
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
F人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛またはリボンの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
6合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
02不飽和化合物の単一付加重合生成物からのもの
18不飽和ニトリルの重合体,例.ポリアクリロニトリル,ポリビニリデンシアニド,からのもの
D01F 9/22 2006.01
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
F人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛またはリボンの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
9他の物質の人造フィラメントまたはその類似物;その製造;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
08無機材料のもの
12炭素フィラメント;その製造に特に適合した装置
14有機フィラメントの分解によるもの
20付加重合,重縮合または重合生成物からのもの
21炭素―炭素不飽和結合のみの反応によって得られる高分子化合物からのもの
22ポリアクリロニトリル類からのもの
D02J 1/18 2006.01
D繊維;紙
02糸;糸またはロープの機械的な仕上げ;整経またはビーム巻き取り
Jフィラメント,糸,より糸,ひも,ロープまたはこれらの類似物の仕上げまたは加工
1特殊構造にもとづく構造または特性の改良;物理的形状または断面形状の改良,維持または回復,例.ダイスまたは圧搾ローラの使用によるもの
18分離または拡開によるもの
出願人
  • 東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP]/[JP]
発明者
  • 伊原康樹 IHARA, Koki
  • 林田賢吾 HAYASHIDA, Kengo
  • 大隈崇裕 OKUMA, Takahiro
優先権情報
2019-06680629.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) CARBON-FIBER-PRECURSOR FIBER BUNDLE AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) FAISCEAU DE FIBRES DE PRÉCURSEUR DE FIBRE DE CARBONE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 炭素繊維前駆体繊維束およびその製造方法
要約
(EN)
Provided is a carbon-fiber-precursor fiber bundle obtained by combining a plurality of at least two flat carbon-fiber-precursor filaments, wherein: a degree of interlacement of the carbon-fiber-precursor filaments as determined by the hook drop method is 5 to 23; a yarn width X of the carbon-fiber-precursor fiber bundle with respect to a yarn width W of the carbon-fiber-precursor filaments is within a range of W ≤ X ≤ 2.2W; and the carbon-fiber-precursor filaments are arranged in the carbon-fiber-precursor fiber bundle in such a manner that 0.5 to 5 continuous clockwise turns and 0.5 to 5 continuous counterclockwise turns about a longitudinal central axis of the carbon-fiber-precursor fiber bundle as a turning axis are alternately repeated. By using the carbon-fiber-precursor fiber bundle according to the present invention, it is possible to increase a filament density during a baking step, making it possible to obtain a high-grade and high-quality carbon fiber at a low cost.
(FR)
La présente invention concerne un faisceau de fibres de précurseur de fibre de carbone obtenu par combinaison d'une pluralité d'au moins deux filaments de précurseur de fibre de carbone plats. Selon l'invention : un degré d'entrelacement des filaments de précurseur de fibre de carbone tel que déterminé par le procédé de chute de crochet est de 5 à 23 ; une largeur de fil X du faisceau de fibres de précurseur de fibre de carbone par rapport à une largeur de fil W des filaments de précurseur de fibre de carbone est dans une plage de W ≤ X ≤ 2,2W ; et les filaments de précurseur de fibre de carbone sont disposés dans le faisceau de fibres de précurseur de fibre de carbone de telle sorte que 0,5 à 5 tours dans le sens des aiguilles d'une montre et 0,5 à 5 tours dans le sens inverse des aiguilles d'une montre autour d'un axe central longitudinal du faisceau de fibres de précurseur de fibre de carbone comme axe de rotation sont répétés en alternance. En utilisant le faisceau de fibres de précurseur de fibre de carbone selon la présente invention, il est possible d'augmenter une densité de filament pendant une étape de cuisson, ce qui permet d'obtenir une fibre de carbone de grade élevé et de haute qualité à un faible coût.
(JA)
複数の扁平状の炭素繊維前駆体糸条が2本以上合糸されてなる炭素繊維前駆体繊維束であって、炭素繊維前駆体糸条のフックドロップ法により求められる交絡度が5以上23以下であり、炭素繊維前駆体糸条の糸幅Wに対して炭素繊維前駆体繊維束の糸幅XがW≦X≦2.2Wの範囲内であり、かつ、炭素繊維前駆体繊維束内において、炭素繊維前駆体糸条が炭素繊維前駆体繊維束の長手方向の中心軸を回転軸として0.5回転以上5回転以下の連続右回転と0.5回転以上5回転以下の連続左回転を交互に繰り返すように配置されている炭素繊維前駆体繊維束。本発明の炭素繊維前駆体繊維束を用いることで、焼成工程において糸条密度を高めることができるため、高品位・高品質である炭素繊維を低コストで得ることができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報