処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203357 - 吸音材

公開番号 WO/2020/203357
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012344
国際出願日 19.03.2020
IPC
B32B 5/26 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
222つまたはそれ以上の層があることを特徴とするもので,各々の層は繊維,繊条,微粒,または粉,または発泡した,または特に多孔性のものからなるもの
241つの層が繊維層または繊条層であるもの
26他方の層もまた繊維層または繊条層であるもの
D04H 1/559 2012.01
D繊維;紙
04組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
54繊維を相互に溶着させることによるもの,例.部分的な溶融または溶解によるもの
559接着繊維が積層ウエブの中にあるもの
G10K 11/168 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
162材料の選択
168異なる材料の複数の層,例.サンドイッチ状のもの
出願人
  • JXTGエネルギー株式会社 JXTG NIPPON OIL & ENERGY CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 伊林 邦彦 IBAYASHI, Kunihiko
  • 岡村 智行 OKAMURA, Tomoyuki
  • 相園 啓文 AIZONO, Hirofumi
  • 岡部 隆志 OKABE, Takashi
  • 越川 雅子 KOSHIKAWA, Masako
代理人
  • 小川 護晃 OGAWA, Moriaki
  • 奥山 尚一 OKUYAMA, Shoichi
  • 松島 鉄男 MATSUSHIMA, Tetsuo
  • 中村 綾子 NAKAMURA, Ayako
  • 森本 聡二 MORIMOTO, Toshiji
  • 有原 幸一 ARIHARA, Koichi
優先権情報
2019-07151303.04.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOUND-ABSORBING MATERIAL
(FR) MATÉRIAU ABSORBANT ACOUSTIQUE
(JA) 吸音材
要約
(EN)
This sound-absorbing material 50 comprises: a felt-like fiber body 51 containing 15 to 70% by weight of a fine fiber having a fineness of one denier or less, 20 to 60% by weight of a hollow fiber having a cavity in the interior thereof, and 10 to 40% by weight of a binder fiber binding the fibers to one another; and a non-woven fabric 52 layered on the surface of the felt-like fiber body 51. The non-woven fabric 52 contains a plurality of long fibers that have been stretched and arranged along one direction, the mean fiber diameter for the plurality of long fibers being 1 to 4 μm. In addition, the thickness of the sound-absorbing material 50 is 8 to 45 mm, and the bulk density of the sound-absorbing material 50 is 20 kg/m3 or lower.
(FR)
La présente invention concerne un matériau absorbant acoustique (50) comprenant : un corps de fibre de type feutre (51) contenant de 15 à 70 % en poids d'une fibre fine ayant une finesse inférieure ou égale à un denier, de 20 à 60 % en poids d'une fibre creuse comprenant une cavité en son sein et de 10 à 40 % en poids d'une fibre liante reliant les fibres les unes aux autres ; et un non-tissé (52) stratifié sur la surface du corps de fibre de type feutre (51). Le non-tissé (52) contient une pluralité de fibres longues qui ont été étirées et agencées le long d'une direction, le diamètre moyen de fibres pour la pluralité de fibres longues étant de 1 à 4 µm. De plus, l'épaisseur du matériau absorbant acoustique (50) est de 8 à 45 mm et la masse volumique apparente du matériau absorbant acoustique (50) est inférieure ou égale à 20 kg/m3.
(JA)
吸音材50は、繊度が1デニール以下の細繊維を15~70重量%、内部に空洞を有する中空繊維を20~60重量%及び繊維同士を結合させるバインダー繊維を10~40重量%含むフェルト状繊維体51と、フェルト状繊維体51の表面に積層された不織布52と、を有する。不織布52は、延伸され且つ一方向に沿って配列された複数の長繊維を含み、前記複数の長繊維の平均繊維径が1~4μmである。また、吸音材50の厚みは、8~45mmであり、吸音材50の嵩密度は、20kg/m以下である。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報