処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203152 - 車両用サーモサイフォン式冷却装置

公開番号 WO/2020/203152
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010926
国際出願日 12.03.2020
IPC
B60K 11/02 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
K車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の車両への配置または取付け;車両用の補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
11推進装置の冷却に関する配置
02液体冷却装置をもつもの
H01M 10/613 2014.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
60加熱または冷却;温度制御
61温度制御の種類
613冷却または低温状態の維持
H01M 10/625 2014.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
60加熱または冷却;温度制御
62特定の用途に特に適したもの
625乗物
H01M 10/6569 2014.01
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
60加熱または冷却;温度制御
65セルと構造的に関連する温度制御のための手段
656熱交換流体の種類に特徴があるもの
6569液体-気体の相変化または相転移を起こす流体,例.蒸発または凝縮
F28D 15/02 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
D熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
15閉鎖管中の中間熱伝達媒体が流路壁を通り抜ける熱交換装置
02その中で媒体が凝縮及び蒸発するもの,例.ヒートパイプ
F28D 15/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
28熱交換一般
D熱交換媒体が直接接触しない熱交換装置で,他のサブクラスに分類されないもの;蓄熱プラントまたは装置一般
15閉鎖管中の中間熱伝達媒体が流路壁を通り抜ける熱交換装置
02その中で媒体が凝縮及び蒸発するもの,例.ヒートパイプ
06そのための制御装置
出願人
  • 株式会社デンソー DENSO CORPORATION [JP]/[JP]
  • トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP]/[JP]
発明者
  • 三浦 功嗣 MIURA Koji
  • 大見 康光 OMI Yasumitsu
  • 義則 毅 YOSHINORI Takeshi
  • 古賀 毅 KOGA Tsuyoshi
  • 鈴木 雄介 SUZUKI Yusuke
代理人
  • 特許業務法人かいせい特許事務所 KAI-SEI PATENT FIRM
優先権情報
2019-06610529.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) THERMOSIPHON-TYPE COOLING DEVICE FOR VEHICLE
(FR) DISPOSITIF DE REFROIDISSEMENT DE TYPE À THERMOSIPHON POUR VÉHICULE
(JA) 車両用サーモサイフォン式冷却装置
要約
(EN)
A thermosiphon-type cooling device for a vehicle, wherein cooling capability is secured to the extent possible even when the amount of inclination changes. The present invention comprises: an evaporation unit (13) that absorbs heat from a vehicle-mounted device (11) and causes a refrigerant to evaporate; a condenser (14) that condenses the refrigerant evaporated by the evaporation unit (13); an inclination amount detection unit (33) that detects the amount of inclination of the vehicle; a storage unit (40) that stores, in a liquid-phase state, the refrigerant circulating between the evaporation unit (13) and the condenser (14); and a storage amount adjustment unit (30, 41, 44, 46, 49, 52, 54, 55, 56, 57, 407) that adjusts the storage amount of the refrigerant in the storage unit (40) in accordance with the inclination amount detected by the inclination amount detection unit (33).
(FR)
L'invention concerne un dispositif de refroidissement de type à thermosiphon pour un véhicule, dans lequel la capacité de refroidissement est fixée autant que possible, même lorsque la quantité d'inclinaison change. La présente invention comprend : une unité d'évaporation (13) qui absorbe la chaleur provenant d'un dispositif monté sur véhicule (11) et amène un fluide frigorigène à s'évaporer ; un condenseur (14) qui condense le fluide frigorigène évaporé par l'unité d'évaporation (13) ; une unité de détection de quantité d'inclinaison (33) qui détecte la quantité d'inclinaison du véhicule ; une unité de stockage (40) qui stocke, dans un état de phase liquide, le fluide frigorigène circulant entre l'unité d'évaporation (13) et le condenseur (14) ; et une unité de réglage de quantité de stockage (30, 41, 44, 46, 49, 52, 54, 55, 56, 57, 407) qui ajuste la quantité de stockage du fluide frigorigène dans l'unité de stockage (40) conformément à la quantité d'inclinaison détectée par l'unité de détection de quantité d'inclinaison (33).
(JA)
車両用サーモサイフォン式冷却装置において、傾斜量が変化しても冷却性能を極力確保する。車載機器(11)から吸熱して冷媒を蒸発させる蒸発部(13)と、蒸発部(13)で蒸発した冷媒を凝縮させる凝縮器(14)と、車両の傾斜量を検出する傾斜量検出部(33)と、蒸発部(13)と凝縮器(14)との間を循環する冷媒を液相状態で貯留する貯留部(40)と、貯留部(40)の冷媒の貯留量を、傾斜量検出部(33)が検出した傾斜量に応じて調整する貯留量調整部(30、41、44、46、49、52、54、55、56、57、407)とを備える。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報