処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020203125 - ガラスフィルム複合体の搬送方法

公開番号 WO/2020/203125
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/010553
国際出願日 11.03.2020
IPC
B32B 17/10 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10合成樹脂の層に隣接したもの
B65H 20/02 2006.01
B処理操作;運輸
65運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
20ウエブの送給
02摩擦ローラによるもの
B32B 3/16 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
3外面または内面にある一つの層が不連続または不均一なもの,または一つの層が平らでない形状のものから本質的になる積層体;本質的に形状に特徴を有する積層体
10不連続な層,すなわち空隙を有するかまたは分離した材料片から形成された層を特徴とするもの
14分離した材料片から形成された表層を特徴とするもの
16可撓性の裏材に結合されたもの
出願人
  • 日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 村重 毅 MURASHIGE, Takeshi
  • 稲垣 淳一 INAGAKI, Junichi
  • 佐藤 啓介 SATO, Keisuke
  • 岸 敦史 KISHI, Atsushi
代理人
  • 伊東 忠重 ITOH, Tadashige
  • 伊東 忠彦 ITOH, Tadahiko
優先権情報
2019-06616429.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR CONVEYING GLASS FILM COMPOSITE
(FR) PROCÉDÉ DE TRANSPORT D'UN COMPOSITE DE FILM DE VERRE
(JA) ガラスフィルム複合体の搬送方法
要約
(EN)
The present method for conveying a glass film composite uses a roll-to-roll process in which a glass film composite wound on a feed roller is wound up with a wind-up roller via a plurality of conveyance rollers. The glass film composite has a long glass film and a linear resin tape that is bonded along the longitudinal direction of the glass film near both widthwise ends of one surface of the glass film. In the process leading from the feed roller to the wind-up roller via the plurality of conveyance rollers, the glass film composite is conveyed without the resin tape being bent inward.
(FR)
Le présent procédé de transport d'un composite de film de verre utilise un processus de rouleau à rouleau dans lequel un composite de film de verre enroulé sur un rouleau d'alimentation est enroulé avec un rouleau d'enroulement par l'intermédiaire d'une pluralité de rouleaux de transport. Le composite de film de verre présente un long film de verre et une bande de résine linéaire qui est liée le long de la direction longitudinale du film de verre à proximité des deux extrémités dans le sens de la largeur d'une surface du film de verre. Dans le processus allant du rouleau d'alimentation au rouleau d'enroulement par l'intermédiaire de la pluralité de rouleaux de transport, le composite de film de verre est transporté sans que la bande de résine ne soit courbée vers l'intérieur.
(JA)
本ガラスフィルム複合体の搬送方法は、送り出しロールに巻かれたガラスフィルム複合体を複数の搬送ロールを経由して巻き取りロールで巻き取るロールツーロールプロセスを用いたガラスフィルム複合体の搬送方法であって、前記ガラスフィルム複合体は、長尺状のガラスフィルムと、前記ガラスフィルムの片面の幅方向両端近傍に前記ガラスフィルムの長手方向に沿って接着された線状の樹脂テープと、を有し、前記送り出しロールから複数の前記搬送ロールを経由して前記巻き取りロールに至る過程において、前記ガラスフィルム複合体は、前記樹脂テープを内側に向けて曲げた状態を経ることなく搬送される。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報