処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020202790 - 新規化合物およびその利用

公開番号 WO/2020/202790
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/004718
国際出願日 07.02.2020
IPC
C07H 13/02 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
H糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
13炭酸またはその誘導体で,または有機酸,例.ホスホン酸,でエステル化された糖類基を含有する化合物
02カルボン酸によるもの
C12P 19/12 2006.01
C化学;冶金
12生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19糖類基を含む化合物の製造
12二糖類
A61K 8/60 2006.01
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
30有機化合物を含むもの
60糖類;その誘導体
出願人
  • 長瀬産業株式会社 NAGASE & CO., LTD. [JP]/[JP]
  • 学校法人北里研究所 THE KITASATO INSTITUTE [JP]/[JP]
発明者
  • 張 万皎 ZHANG, Wanjiao
  • 小坂 邦男 KOSAKA, Kunio
  • 松山 恵介 MATSUYAMA, Keisuke
  • 田中 麻美 TANAKA, Asami
  • 曽田 匡洋 SODA, Masahiro
代理人
  • 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
優先権情報
2019-06816429.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) NOVEL COMPOUND AND USE OF SAME
(FR) NOUVEAU COMPOSÉ ET SON UTILISATION
(JA) 新規化合物およびその利用
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide: a novel compound which has an antioxidative effect; and use of the compound. The present invention achieves the above-described purpose by providing a compound represented by formula (1). (In the formula, one of R1-R3 moieties represents a hydrogen atom, an acetyl group, a 2-butenoyl group or a 2-methyl-2-pentenoyl group, while the other two moieties represent hydrogen atoms; and one of R4-R6 moieties represents a 2-methyl-2-butenoyl group, while the other two moieties represent hydrogen atoms.)
(FR)
L'objectif de la présente invention est de fournir : un nouveau composé ayant un effet antioxydant; et une utilisation du composé. La présente invention concerne un composé représenté par la formule (1). (Dans la formule, l'une des fractions R1 à R3 représente un atome d'hydrogène, un groupe acétyle, un groupe 2-buténoyle ou un groupe 2-méthyl-2-penténoyle, tandis que les deux autres fractions représentent des atomes d'hydrogène; et l'un parmi R4 à R6 représente un groupe 2-méthyl-2-buténoyle, tandis que les deux autres fractions représentent des atomes d'hydrogène.)
(JA)
本発明の目的は、抗酸化作用を有する新規の化合物、およびその利用技術を提供することである。下記式(1)で表される化合物を提供することにより、上記課題を解決する。〔式中、R~Rのいずれか一つは、水素、アセチル基、2-ブテノイル基または2-メチル-2-ペンテノイル基であり、残りの2つは水素であり、かつ、R~Rのいずれか一つは、2-メチル-2-ブテノイル基であり、残りの2つは水素である。〕
国際事務局に記録されている最新の書誌情報