処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020202538 - レーダ装置、信号処理方法及び車載装置

公開番号 WO/2020/202538
公開日 08.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2019/014995
国際出願日 04.04.2019
IPC
G01S 13/34 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
02電波の反射を使用する方式,例.一次レーダ方式;類似の方式
06対象物の位置データを決定する方式
08距離のみを測定するための方式
32非変調連続波,振幅変調連続波,周波数変調連続波,または位相変調連続波を送信するもの
34周波数変調波を送信し,受信信号,またはそれから導かれる信号が,同時に発生された送信信号に関連する局部発生信号とヘテロダインされてうなり周波数の信号を発生させるもの
G01S 13/93 2006.01
G物理学
01測定;試験
S無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
88特定の応用に特に適合したレーダ方式または類似の方式
93衝突防止目的のもの
出願人
  • 三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 堀口 嵩浩 HORIGUCHI, Takahiro
  • 橘川 雄亮 KITSUKAWA, Yusuke
代理人
  • 田澤 英昭 TAZAWA, Hideaki
  • 濱田 初音 HAMADA, Hatsune
  • 中島 成 NAKASHIMA, Nari
  • 辻岡 将昭 TSUJIOKA, Masaaki
  • 井上 和真 INOUE, Kazuma
優先権情報
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) RADAR DEVICE, SIGNAL PROCESSING METHOD, AND VEHICLE-MOUNTED DEVICE
(FR) DISPOSITIF RADAR, PROCÉDÉ DE TRAITEMENT DE SIGNAUX ET DISPOSITIF MONTÉ SUR VÉHICULE
(JA) レーダ装置、信号処理方法及び車載装置
要約
(EN)
This radar device (1) comprises: a distance and speed calculation unit (23) that, when a radar signal having a frequency that changes with the passage of time is repeatedly transmitted, the radar signal is repeatedly received as reflected waves reflected by an object under observation, and beat signals having the frequency of the difference between the frequency of the transmitted radar signal and the frequency of the reflected waves are repeatedly generated, uses a plurality of the repeatedly generated beat signals to repeatedly calculate the distance to the object under observation and a relative speed compared to the object under observation; and a determination unit (24) for determining, on the basis of the distance repeatedly calculated by the distance and speed calculation unit (23) and the relative speed repeatedly calculated by the distance and speed calculation unit (23), whether the object under observation is a noise source outputting electromagnetic noise of a constant frequency.
(FR)
L'invention concerne un dispositif radar (1) comprenant : une unité de calcul de distance et de vitesse (23) qui, lorsqu'un signal radar dont la fréquence varie au fil du temps est émis de façon répétée, le signal radar étant reçu de manière répétée sous la forme d'ondes réfléchies réfléchies par un objet en cours d'observation, tandis que des signaux de battement, dont la fréquence est celle de la différence entre la fréquence du signal radar émis et la fréquence des ondes réfléchies, sont générés de manière répétée, utilise une pluralité des signaux de battement générés de manière répétée pour calculer de manière répétée la distance par rapport à l'objet en cours d'observation et une vitesse relative par rapport à l'objet en cours d'observation ; et une unité de détermination (24) permettant de déterminer, en fonction de la distance calculée de manière répétée par l'unité de calcul de distance et de vitesse (23) et la vitesse relative calculée de manière répétée par l'unité de calcul de distance et de vitesse (23), si l'objet en cours d'observation est une source de bruit émettant un bruit électromagnétique à fréquence constante.
(JA)
時間の経過に伴って周波数が変化するレーダ信号が繰り返し送信されて、観測対象に反射されたレーダ信号が反射波として繰り返し受信され、送信されたレーダ信号の周波数と、反射波の周波数との差分の周波数を有するビート信号が繰り返し生成されると、繰り返し生成された複数のビート信号を用いて、観測対象までの距離及び観測対象との相対速度のそれぞれを繰り返し算出する距離速度算出部(23)と、距離速度算出部(23)により繰り返し算出された距離と、距離速度算出部(23)により繰り返し算出された相対速度とに基づいて、観測対象が、周波数が一定の電磁ノイズを出力しているノイズ源であるか否かを判定する判定部(24)とを備えるように、レーダ装置(1)を構成した。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報