処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196910 - 遮音シートとその製造方法及び遮音構造体

公開番号 WO/2020/196910
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/014435
国際出願日 30.03.2020
IPC
E04B 1/82 2006.01
E固定構造物
04建築物
B建築構造一般;壁,例.間仕切り;屋根;床;天井;建築物の絶縁またはその他の保護
1建築構造一般;壁,例.間仕切り,床,天井,屋根のいずれにも限定されない構造
62絶縁または他の保護;要素またはそのための特殊な材料の使用
74熱,音または騒音の絶縁,吸収または反射;適切な熱的または音響的条件を与える他の建築方法,例.壁体内の蓄熱
82特に音のみに関するもの
G10K 11/16 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
G10K 11/162 2006.01
G物理学
10楽器;音響
K音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
162材料の選択
出願人
  • 三菱ケミカル株式会社 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 越峠 晴貴 KOSHITOUGE Haruki
  • 古賀 尚悟 KOGA Shogo
  • 内田 直幸 UCHIDA Naoyuki
  • 井上 一真 INOUE Kazuma
  • 中山 真成 NAKAYAMA Masanari
  • 齋藤 雄也 SAITO Yuya
代理人
  • 特許業務法人竹内・市澤国際特許事務所 TAKEUCHI, ICHIZAWA & ASSOCIATES
優先権情報
2019-06411728.03.2019JP
2019-18280603.10.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) SOUND INSULATION SHEET, MANUFACTURING METHOD THEREOF, AND SOUND INSULATION STRUCTURE
(FR) FEUILLE D'ISOLATION PHONIQUE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, ET STRUCTURE D'ISOLATION PHONIQUE
(JA) 遮音シートとその製造方法及び遮音構造体
要約
(EN)
[Problem] To provide a sound insulation sheet member which has excellent performance in insulating low-frequency band noise and has a compact structure. [Solution] A sound insulation sheet member 1 has a substrate 2 and a concave-convex structure 3 disposed on at least one of the surfaces of the substrate 2. The concave-convex structure 3 is provided in a form in which a concave-convex unit shape 4 including linear convex sections 5 is used as a unit, and a plurality of these units are arranged repeatedly, at approximately fixed intervals in one direction, on the surface of the substrate 2.
(FR)
[Problème] Fournir un élément formant feuille d'isolation phonique qui présente d'excellentes qualités d'isolation contre le bruit dans la bande de fréquences graves et qui possède une structure compacte. [Solution] Un élément formant feuille d'isolation phonique 1 comprend un substrat 2 et une structure concave-convexe 3 disposée sur au moins l'une des surfaces du substrat 2. La structure concave-convexe 3 est prévue sous une forme sous laquelle une forme d'unité concave-convexe 4 comprenant des sections convexes linéaires 5 est utilisée en tant qu'unité, et une pluralité de ces unités sont agencées de manière répétée, à des intervalles approximativement fixes dans une direction, sur la surface du substrat 2.
(JA)
【課題】低周波数帯の遮音性能に優れ、コンパクトな構成の遮音シート部材を提供する。 【解決手段】基材2と基材2の少なくとも一方の面に配置された凹凸構造3とを有する遮音シート部材1であり、この凹凸構造3を、線状の凸部5を含む凹凸単位形状4を一単位として、この複数単位を基材2の面上で1つの方向に略一定の間隔で繰り返して配列した形態に設ける。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報