処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196792 - 銅合金条材およびその製造方法、それを用いた抵抗器用抵抗材料ならびに抵抗器

公開番号 WO/2020/196792
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013833
国際出願日 26.03.2020
IPC
C22C 9/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
02次に多い成分として錫を含むもの
C22C 9/04 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
04次に多い成分として亜鉛を含むもの
C22C 9/05 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
05次に多い成分としてマンガンを含むもの
C22C 9/06 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
9銅基合金
06次に多い成分としてニッケルまたはコバルトを含むもの
H01C 3/00 2006.01
H電気
01基本的電気素子
C抵抗器
3線またはリボンで形成された非可調整金属抵抗器,例.コイル状,編組み状またはグリッド状に形成されたもの
C22F 1/00 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人
  • 古河電気工業株式会社 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 川田 紳悟 KAWATA Shingo
  • 佐々木 貴大 SASAKI Takahiro
  • 秋谷 俊太 AKIYA Shunta
  • 樋口 優 HIGUCHI Masaru
代理人
  • 齋藤 拓也 SAITO Takuya
  • 来間 清志 KURUMA Kiyoshi
優先権情報
2019-06431028.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) COPPER ALLOY STRIP AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME, RESISTOR RESISTANCE MATERIAL USING SAME, AND RESISTOR
(FR) BANDE D'ALLIAGE DE CUIVRE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, MATÉRIAU RÉSISTANT DE RÉSISTANCE L'UTILISANT ET RÉSISTANCE
(JA) 銅合金条材およびその製造方法、それを用いた抵抗器用抵抗材料ならびに抵抗器
要約
(EN)
A copper alloy strip according to the present invention has an alloy composition containing 3-20 mass% of manganese with the remainder comprising copper and inevitable impurities, wherein the average value of KAM is at least 1° and less than 5° as measured by an electron backscatter diffraction method. The copper alloy strip is suitable for manufacturing chips, etc. by press processing, and has a small variation in resistance values between products or lots.
(FR)
La présente invention concerne une bande d'alliage de cuivre qui présente une composition d'alliage contenant de 3 % à 20 % en masse de manganèse, le reste comprenant du cuivre et des impuretés inévitables, la valeur moyenne de KAM étant d'au moins 1° et inférieure à 5° telle que mesurée par un procédé de diffraction de rétrodiffusion d'électrons. La bande d'alliage de cuivre est appropriée pour la fabrication de puces et autres par traitement à la presse et présente une faible variation des valeurs de résistance entre des produits ou des lots.
(JA)
本発明の銅合金条材は、3質量%以上20質量%以下のマンガンを含有し、残部が銅および不可避不純物からなる合金組成を有し、後方散乱電子回折法により測定されるKAMの平均値が1°以上5°未満である。本発明の銅合金条材は、プレス加工を施してチップ等を製造するのに適しており、製品やロット間に生じる抵抗値のばらつきが少ない。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報