処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196646 - 溶接管の製造方法及び溶接管の製造装置

公開番号 WO/2020/196646
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013392
国際出願日 25.03.2020
IPC
B23K 26/262 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
24シーム溶接
26直線状シーム溶接
262管の長手方向の溶接
B21C 37/08 2006.01
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
C圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,型材または類似の半製品の製造;実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業
37他に分類されない金属板,棒,線,管、型材または類似の半製品の製造;特殊形状管の製造
06管または金属ホースの製造;管製造のために組合わせた処置,例.多壁管の製造
08溶接またははんだ付作業による管の製造
B23K 26/08 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
08レーザービームと加工物とが相対移動する装置
B23K 26/21 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
B23K 26/60 2014.01
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
60予備処理
出願人
  • 日立金属株式会社 HITACHI METALS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 山根 大宜 YAMANE, Hironori
  • 與川 貴広 YOKAWA, Takahiro
  • 佐々木 淳 SASAKI, Makoto
代理人
  • 山尾 憲人 YAMAO, Norihito
優先権情報
2019-06025927.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) WELDED PIPE MANUFACTURING METHOD, AND WELDED PIPE MANUFACTURING DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE TUYAU SOUDÉ ET DISPOSITIF DE FABRICATION DE TUYAU SOUDÉ
(JA) 溶接管の製造方法及び溶接管の製造装置
要約
(EN)
In this method for manufacturing a welded pipe by bending a stainless steel strip having a thickness of 0.15 mm or more and 0.45 mm or less while conveying the stainless steel strip in one direction, to form a pipe, and welding abutting portions of the formed pipe by irradiating the same with a laser beam while applying compressive stress thereto by means of a set of squeeze rollers: the laser beam irradiation position is on the upstream side, in the pipe conveying direction, of the position of an axis of rotation of the squeeze rollers; the size of the spot diameter of the laser beam at the laser beam irradiation position is at least equal to 0.60 mm and at most equal to 1.2 mm; and an inert gas is blown from a gas nozzle onto the abutting portions irradiated by the laser beam.
(FR)
Dans le présent procédé de fabrication concerne un tuyau soudé par cintrage d'une bande d'acier inoxydable ayant une épaisseur de 0,15 mm ou plus et 0,45 mm ou moins tout en transportant la bande d'acier inoxydable dans une direction, pour former un tuyau, et souder des parties de butée du tuyau formé par irradiation de celui-ci avec un faisceau laser tout en appliquant une contrainte de compression à celui-ci au moyen d'un ensemble de rouleaux de compression : la position d'irradiation de faisceau laser se trouve sur le côté amont, dans la direction de transport de tuyau, de la position d'un axe de rotation des rouleaux de compression ; la taille du diamètre de point du faisceau laser au niveau de la position d'irradiation de faisceau laser est au moins égale à 0,60 mm et au plus égale à 1,2 mm ; et un gaz inerte est soufflé à partir d'une buse de gaz sur les parties de butée irradiées par le faisceau laser.
(JA)
厚さが0.15mm以上、0.45mm以下のステンレス鋼帯を一方向に搬送しながら曲げ加工して管を成形し、成形された前記管の突合せ部に一組のスクイズロールによって圧縮応力を加えながらレーザビームを照射して溶接する溶接管の製造方法であって、前記レーザビームの照射位置が前記スクイズロールの回転軸の位置よりも管の搬送方向の上流側にあり、前記レーザビームの照射位置における前記レーザビームのスポット径の大きさが0.60mm以上、1.2mm以下であり、前記レーザビームが照射された前記突合せ部にガスノズルから不活性ガスを吹き付ける溶接管の製造方法。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報