処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020196608 - アモルファス合金薄帯、アモルファス合金粉末、及びナノ結晶合金圧粉磁心、並びにナノ結晶合金圧粉磁心の製造方法

公開番号 WO/2020/196608
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013292
国際出願日 25.03.2020
IPC
B22F 1/00 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B22F 3/00 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
B22F 3/24 2006.01
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
24工作物や物品の後処理
C21D 6/00 2006.01
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
6鉄合金の熱処理
C22C 33/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
33鉄合金の製造
02粉末冶金によるもの
C22C 45/02 2006.01
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
45非晶質の合金
02主成分として鉄を含むもの
出願人
  • 日立金属株式会社 HITACHI METALS, LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 太田 元基 OHTA,Motoki
代理人
  • 特許業務法人 ユニアス国際特許事務所 UNIUS PATENT ATTORNEYS OFFICE
優先権情報
2019-05911826.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) AMORPHOUS ALLOY THIN STRIP, AMORPHOUS ALLOY POWDER, NANOCRYSTALLINE ALLOY DUST CORE, AND METHOD FOR PRODUCING NANOCRYSTALLINE ALLOY DUST CORE
(FR) BANDE MINCE D'ALLIAGE AMORPHE, POUDRE D'ALLIAGE AMORPHE, NOYAU AGGLOMÉRÉ D'ALLIAGE NANOCRISTALLIN ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE NOYAU AGGLOMÉRÉ D'ALLIAGE NANOCRISTALLIN
(JA) アモルファス合金薄帯、アモルファス合金粉末、及びナノ結晶合金圧粉磁心、並びにナノ結晶合金圧粉磁心の製造方法
要約
(EN)
An amorphous alloy thin strip according to the present invention has an alloy composition represented by the formula: Fe100-a-b-c-dCuaSibBcSnd (wherein a, b, c and d represent values of at.% which satisfy the requirements represented by the formulae: 0.3 ≦ a < 1.55, 1 ≦ b ≦ 10, 11 ≦ c ≦ 17, 0.25 < d ≦ 1.0, and a+d ≦ 1.80). According to the amorphous alloy thin strip of the present invention, it is possible to provide: an amorphous alloy thin strip and an amorphous alloy powder each having excellent crushability and soft magnetic properties; and a method for producing a nanocrystalline alloy dust core using either one of the amorphous alloy thin strip or the amorphous alloy powder.
(FR)
L’invention concerne une bande mince d'alliage amorphe présentant une composition d'alliage représentée par la formule : Fe100-a-b-c-dCuaSibBcSnd (a, b, c et d représentant des valeurs de % at. qui satisfont aux exigences représentées par les formules : 0,3 ≦ a < 1,55, 1 ≦ b ≦ 10, 11 ≦ c ≦ 17, 0,25 < d ≦ 1,0, et a+d ≦ 1,80). Selon la bande mince d'alliage amorphe de la présente invention, il est possible de fournir : une bande mince d'alliage amorphe et une poudre d'alliage amorphe ayant chacune une excellente aptitude à l'aptutyde au concassage et des propriétés d’aimantation temporaire ; et un procédé de production d'un noyau aggloméré d'alliage nanocristallin soit au moyen de la bande mince d'alliage amorphe, soit au moyen de la poudre d'alliage amorphe.
(JA)
本発明のアモルファス合金薄帯は、合金組成:Fe100-a-b-c-dCuSiSn(ここで、a、b、c、dは、原子%で、0.3≦a<1.55、1≦b≦10、11≦c≦17、0.25<d≦1.0、a+d≦1.80)で表される組成を有する。本発明のアモルファス合金薄帯によれば、優れた粉砕性と軟磁気特性を有するアモルファス合金薄帯、アモルファス合金粉末、及び、これらを用いて製造されるナノ結晶合金圧粉磁心の製造方法を提供することができる。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報