処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196607 - 機能性フィルムおよび機能性フィルムの製造方法

公開番号 WO/2020/196607
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013291
国際出願日 25.03.2020
IPC
B32B 9/00 2006.01
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9本質的にグループB32B11/00~B32B29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
C23C 16/02 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
02被覆される材料の前処理
C23C 16/42 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
42けい化物
C23C 16/44 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
44被覆の方法に特徴のあるもの
C23C 16/50 2006.01
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
44被覆の方法に特徴のあるもの
50放電を用いるもの
出願人
  • 富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 望月 佳彦 MOCHIZUKI Yoshihiko
代理人
  • 伊東 秀明 ITOH Hideaki
  • 三橋 史生 MITSUHASHI Fumio
優先権情報
2019-05965827.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) FUNCTIONAL FILM AND PRODUCTION METHOD FOR FUNCTIONAL FILM
(FR) FILM FONCTIONNEL ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM FONCTIONNEL
(JA) 機能性フィルムおよび機能性フィルムの製造方法
要約
(EN)
The present invention addresses the problem of providing: a functional film that does not require pasting of a protective layer or forming of a protective layer by stacking or applying a protective film, and that is highly resistant to moist heat; and a method for producing the functional film. This problem is solved by a functional film which has a support medium, an inorganic layer, and a protective layer composed of resin film, wherein: the inorganic layer and the protective layer are directly bonded together; and the intensity ratio B/A obtained by dividing the intensity of the maximum peak B in a range of 2900-3000 cm-1 in an infrared absorption spectrum by the intensity of the maximum peak A in a range of 2800-2900 cm-1 in the infrared absorption spectrum is 1.04 times or more in the surface of the protective layer on the inorganic layer side as compared to in the surface on the opposite side of the protective layer.
(FR)
La présente invention aborde le problème consistant à fournir : un film fonctionnel qui ne nécessite pas de coller une couche protectrice ou de former une couche protectrice par empilement ou application d'un film protecteur, et qui est hautement résistant à la chaleur humide ; et un procédé de production du film fonctionnel. La solution selon l'invention porte sur un film fonctionnel qui comporte un support, une couche inorganique et une couche protectrice composée d'un film de résine, la couche inorganique et la couche protectrice étant directement liées ensemble ; et le rapport d'intensité B/A obtenu en divisant l'intensité du pic maximal B dans une plage de 2 900 à 3 000 cm-1 dans un spectre d'absorption des infrarouges par l'intensité du pic maximal A dans une plage de 2 800 à 2 900 cm-1 dans le spectre d'absorption des infrarouges est de 1,04 fois ou plus dans la surface de la couche protectrice sur le côté couche inorganique par comparaison à la surface sur le côté opposé de la couche protectrice.
(JA)
保護フィルムの積層および塗布による保護層の形成、保護層の貼着を不要とし、かつ、耐湿熱性も高い機能性フィルム、および、その製造方法を提供を課題とする。支持体と、無機層と、樹脂フィルムからなる保護層とを有し、無機層と保護層とが、直接、接合されており、赤外吸収スペクトルにおける2800~2900cm-1の範囲の最大のピークA、2900~3000cm-1の範囲の最大のピークB、ピークBの強度をピークAの強度で除した強度比をB/Aとした際に、保護層は、無機層側の表面における強度比B/Aが、逆側の表面の1.04倍以上であることにより、課題を解決する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報