処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196521 - レーザ装置

公開番号 WO/2020/196521
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/013017
国際出願日 24.03.2020
IPC
H01S 5/022 2006.01
H電気
01基本的電気素子
S光を増幅または生成するために,放射の誘導放出による光増幅を用いた装置;光領域以外の電磁放射の誘導放出を用いた装置
5半導体レーザ
02レーザ作用にとって本質的ではない構造的な細部または構成
022マウント;ハウジング
G02B 6/42 2006.01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
6ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
24ライトガイドのための結合
42ライトガイドと光電素子との結合
出願人
  • 古河電気工業株式会社 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 野村 義樹 NOMURA, Yoshiki
  • 松下 俊一 MATSUSHITA, Shunichi
代理人
  • 特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE
優先権情報
2019-06039627.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) LASER DEVICE
(FR) DISPOSITIF LASER
(JA) レーザ装置
要約
(EN)
The purpose of the present invention is to provide a laser device which saves space and with which it is possible to improve flatness of laser light. A laser device 1 is provided with one or more cauterizing laser diode (LD) 11 and two or more optical combiners 12. The output side of one cauterizing LD 11 is connected to the input side of one optical combiner 12, and the output side of the one optical combiner 12 is connected to the input side of another optical combiner. The optical combiners are for multi-mode optical fiber input/output and comprise 2:1 optical combiners.
(FR)
Le but de la présente invention est de fournir un dispositif laser qui économise de l'espace et avec lequel il soit possible d'améliorer la planéité de la lumière laser. Un dispositif laser (1) comprend une ou plusieurs diodes laser (LD) de cautérisation (11) et au moins deux combineurs optiques (12). Le côté sortie d'une LD de cautérisation (11) est connecté au côté entrée d'un combineur optique (12), et le côté sortie du combineur optique (12) est connecté au côté entrée d'un autre combineur optique. Les combineurs optiques sont destinés à une entrée/sortie de fibre optique multimode et comprennent 2:1 combineurs optiques.
(JA)
省スペース性に優れ、かつレーザ光の平坦度を向上させることができるレーザ装置を提供することを目的とする。レーザ装置1は、1つ以上の焼灼用LD11と2つ以上の光コンバイナ12とを備え、焼灼用LD11の出力側は、1つの光コンバイナ12の入力側に接続されており、1つの光コンバイナ12の出力側は、別の光コンバイナの入力側に接続されている。光コンバイナは、マルチモード光ファイバ入出力であって、2:1光コンバイナである。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報