処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2020196468 - ブレーキ装置

公開番号 WO/2020/196468
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012867
国際出願日 24.03.2020
IPC
B60T 15/36 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
15動力制動方式に組み込まれ,そしてグループB60T11/00またはB60T13/00に包含されない弁の構造,配置または作動
02作動弁および解放弁
36特定の機能によって特徴づけられた他の制御装置もしくは弁
B60T 17/18 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
17グループB60T8/00,B60T13/00またはB60T15/00に包含されない,またはその他の独特の特色を示す制動方式の構成部品,細部または付属品
18安全装置;監視装置
B60T 13/36 2006.01
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
10流体の補助,駆動または放出によるもの
24流体が気体であるもの
26圧縮空気方式
36直接方式,すなわちブレーキが直接圧縮空気によってかけられるもの
出願人
  • いすゞ自動車株式会社 ISUZU MOTORS LIMITED [JP]/[JP]
発明者
  • 鏡内 忍 KAGAMIUCHI Shinobu
代理人
  • 日比谷 征彦 HIBIYA Yukihiko
  • 日比谷 洋平 HIBIYA Yohei
優先権情報
2019-06134327.03.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BRAKE DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE FREIN
(JA) ブレーキ装置
要約
(EN)
A brake device S comprises a service line 1, an emergency line 3, a main air tank 4, a wheel park air tank 5, and a switching unit 6. The service line 1 allows air for activating a service brake A of the vehicle to pass therethrough. The emergency line 3 allows air for activating an emergency brake C of the vehicle to pass therethrough. The main air tank 4 stores air. The wheel park air tank 5 stores air that is supplied to the emergency line 3. The capacity of the wheel park air tank 5 is smaller than the capacity of the main air tank 4. The switching unit 6 has a valve 62. When a brake pedal B is pressed while the service line 1 is damaged, the valve 62 opens an opening 61 more quickly as the value obtained by subtracting the pressure of air supplied from the wheel park air tank 5 from the pressure of air supplied from the main air tank 4 increases. The opening 61 is configured to cause air flowing in from the emergency line 3 to flow out to the service line 1.
(FR)
La présente invention concerne un dispositif de frein (S) qui comprend une ligne de service (1), une ligne d'urgence (3), un réservoir d'air principal (4), un réservoir d'air de parc de roues (5) et une unité de commutation (6). La ligne de service (1) permet à l'air servant à activer un frein de service (A) du véhicule de passer à travers celle-ci. La ligne d'urgence (3) permet à l'air servant à activer un frein d'urgence (C) du véhicule de passer à travers celle-ci. Le réservoir d'air principal (4) stocke de l'air. Le réservoir d'air de parc de roues (5) stocke de l'air qui est fourni à la ligne d'urgence (3). La capacité du réservoir d'air de parc de roues (5) est inférieure à celle du réservoir d'air principal (4). L'unité de commutation (6) comporte une soupape (62). Lorsqu'une pédale de frein (B) est pressée alors que la ligne de service (1) est endommagée, la soupape (62) ouvre une ouverture (61) plus rapidement que l'augmentation de la valeur obtenue par soustraction de la pression d'air fournie par le réservoir d'air de parc de roues (5) à partir de la pression d'air fournie par le réservoir d'air principal (4). L'ouverture (61) est conçue pour amener de l'air entrant à partir de la ligne d'urgence (3) à s'écouler vers la ligne de service (1).
(JA)
ブレーキ装置Sは、車両のサービスブレーキAを作動させるための空気を通すサービスライン1と、車両のエマージェンシーブレーキCを作動させるための空気を通すエマージェンシーライン3と、空気を貯留するメインエアタンク4と、エマージェンシーライン3に供給する空気を貯留し、メインエアタンク4の容量よりも小さい容量のホイールパークエアタンク5と、サービスライン1が損傷した状態でブレーキペダルBが踏まれると、メインエアタンク4から供給された空気の圧力からホイールパークエアタンク5から供給された空気の圧力を引いた値が大きいほど、エマージェンシーライン3から流入する空気をサービスライン1に流出させるための開口部61を速く開く弁62を有する切替部6と、を有する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報