処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 土曜日 31.10.2020 (7:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. WO2020196318 - 管継手及び配管構造

公開番号 WO/2020/196318
公開日 01.10.2020
国際出願番号 PCT/JP2020/012452
国際出願日 19.03.2020
IPC
C08J 9/04 2006.01
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
04予め添加された発泡剤によって発生するガスを使用するもの
E03C 1/12 2006.01
E固定構造物
03上水;下水
C上水または排水用の家庭用配管設備;流し
1上水または排水用の家庭用配管設備;流し
12排水用配管設備;それに結合される洗面器または噴水器;流し
F16L 47/00 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
47プラスチックで作られるのに特に適合した,またはプラスチックで作られた管とともに用いるのに特に適合した連結装置または他の取り付け具
F16L 47/06 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
47プラスチックで作られるのに特に適合した,またはプラスチックで作られた管とともに用いるのに特に適合した連結装置または他の取り付け具
06管端に,または管端内に作られたスリーブまたはソケットをもつもの
F16L 47/20 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
47プラスチックで作られるのに特に適合した,またはプラスチックで作られた管とともに用いるのに特に適合した連結装置または他の取り付け具
20主として,プラスチックの特性に基づくもの
F16L 47/32 2006.01
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
L管;管の継ぎ手または取り付け具;管,ケーブルまたは保護管類の支持;熱絶縁手段一般
47プラスチックで作られるのに特に適合した,またはプラスチックで作られた管とともに用いるのに特に適合した連結装置または他の取り付け具
26分岐管用;壁に管を連結するためのもの;そのためのアダプター
32分岐ユニット,例.一片で作られたもの,溶接されたもの,リベット止めされたもの
出願人
  • 積水化学工業株式会社 SEKISUI CHEMICAL CO., LTD. [JP]/[JP]
発明者
  • 久宿 大樹 HISASHUKU Daiki
代理人
  • 西澤 和純 NISHIZAWA Kazuyoshi
  • 川越 雄一郎 KAWAGOE Yuichiro
  • 大槻 真紀子 OTSUKI Makiko
  • 山口 洋 YAMAGUCHI Yoh
優先権情報
2019-05444822.03.2019JP
2019-16566411.09.2019JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) PIPE JOINT AND PIPING STRUCTURE
(FR) JOINT POUR TUYAU ET STRUCTURE DE TUYAUTERIE
(JA) 管継手及び配管構造
要約
(EN)
A pipe joint (1) which comprises: a tubular main body part (10) that has a flow path inside, while being formed of a resin which contains a copolymer that has one or more monomer units selected from among vinyl cyanide monomer units and acrylic monomer units, a rubber component and an aromatic vinyl monomer unit; and one or more socket parts (20a) that are integrally formed with the main body part (10). This pipe joint (1) is configured such that: the main body part (10) has a resin foam layer (30) and a non-resin-foam layer (50) that covers the resin foam layer (30); the content of the rubber component in the resin foam layer (30) is within a specific range and the content of the rubber component in the non-resin-foam layer (50) is within a specific range as determined by pyrolysis gas chromatography mass spectrometry; and the ratio of the length (La) from a base end (21a) to an opening end (22a) of a socket part (20a) to the thickness (da) of the socket part (20a) at the opening end (22a), namely La/da is from 2.0 to 10.0 (inclusive).
(FR)
L'invention concerne un joint pour tuyau (1) qui comprend : une partie corps principal (10) tubulaire à l'intérieur de laquelle se trouve un circuit d'écoulement, et qui est formée d'une résine qui contient un copolymère qui comporte un ou plusieurs motifs monomères choisis parmi des motifs monomères de cyanure de vinyle et des motifs monomères acryliques, un constituant à base de caoutchouc et un motif monomère vinylaromatique ; et une ou plusieurs parties d'emboîtement (20a) qui sont solidaires de la partie corps principal (10). Le joint pour tuyau (1) est conçu de telle sorte que : la partie corps principal (10) comporte une couche (30) de mousse de résine et une couche (50) ne contenant pas de mousse de résine qui recouvre la couche (30) de mousse de résine ; la teneur de la couche (30) de mousse de résine en constituant à base de caoutchouc est comprise dans une plage spécifique, et la teneur de la couche (50) ne contenant pas de mousse de résine en constituant à base de caoutchouc est comprise dans une plage spécifique telle que déterminée par pyrolyse-chromatographie en phase gazeuse-spectrométrie de masse ; et le rapport de la longueur (La) d'une extrémité de base (21a) à une extrémité d'ouverture (22a) de la partie d'emboîtement (20a) à l'épaisseur (da) de la partie d'emboîtement (20a) au niveau de l'extrémité d'ouverture (22a), à savoir La/da, est de 2,0 à 10,0 (limites comprises).
(JA)
シアン化ビニル系単量体単位及びアクリル系単量体単位から選ばれる1種以上と、ゴム成分と芳香族ビニル系単量体単位とを有する共重合体を含む樹脂で形成され、内部に流路を有する管状の本体部(10)と、本体部(10)と一体に形成された1つ以上の受口部(20a)と、を有し、本体部(10)が発泡樹脂層(30)と、発泡樹脂層(30)を覆う非発泡樹脂層(50)とを有する管継手であって、熱分解ガスクロマトグラフィー質量分析法により求められる発泡樹脂層(30)の前記ゴム成分の含有量が、特定の範囲であり、非発泡樹脂層(50)の前記ゴム成分の含有量が、特定の範囲であり、受口部(20a)の基端(21a)から開口端(22a)までの長さ(L)と、開口端(22a)における受口部(20a)の厚さ(d)との比(L/d)が、2.0以上10.0以下である、管継手(1)。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報